2017年11月12日

急遽の勝負鞍変更は悔しい結果


当初、勝負参戦意欲漲った福島記念を観戦料程度の参戦に変更。
昨日来の流れ、馬場レベルを再研鑽し勝負参戦はエリザベス女王杯






結果、福島記念は本線的中、エリザベス女王杯は一着、三着のハズレ。
何度も研鑽し、万全の自信を以って昨日三歳馬二番手に挙げたモズカッチャンが軸。






スタートから内に潜り、道中はラチ沿いをピッタリと虎視眈々。
まるで、去年のエリザベス女王杯を彷彿させる走りを披露。
4角手前から徐々にポジションを上げ、最後の直線は馬の間を割り突き抜ける。
4角手前の進出を見て的中は確信したが、最後の最後まで・・
まさか、クロコスミアが二着に粘るとは痛恨の変更ハズレ馬券






モズカッチャンを軸に、二着馬にアタマ届かずのミッキークイーンは本線相手。
無論、距離不安のある二着馬クロコスミアなんぞは要らずの判断。
これで、勝負鞍は昨日が三戦一勝、本日も三戦一勝。
唯一の救いは、その一勝が本線的中にて6000円越えだったこと。






公開予想の京都最終レース、最後の最後、エイシンスレイマンが内から末脚一閃。
スローで逃げるアドマイヤリアルを追い詰めたところがゴール。
何とか最低限、軸馬としての仕事は成し遂げ、本線二点目の的中。






次週は、要らず必至の人気馬出走のマイルチャンピオンシップ
明日一日休養し、いの一番研鑽は日曜京都の牝馬限定戦、衣笠特別






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 17:25| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

ルミエールオータムダッシュ大本線的中


勝負鞍ではないが、ワクワク感募った天皇賞
結果は無論ハズレ、サトノクラウンからの買い目にキタサンブラックなんぞ無し。






最初の5ハロン通過を観て、サトノクラウンの軸堅しと思うも束の間。
4角手前からのキタサンブラックの進出、脚色を見て溜息です。
キタサンブラックさえ、来なければのタラレバ二着、三着馬券。






腕撫して挑んだは、京都の準メイン、ダート戦の御陵ステークス
ここも残念乍ら、軸のヒロブレイブはアタマ差届かずの三着。
故に、本線馬券は三着一着、三着二着の最初の溜息不的中。






転んでたまるかと勝負鞍の三戦目、新潟メインのルミエールオータムダッシュ
無論、軸は「今週の狙い」にて挙げたアペルトゥーラ
徐々に人気背負うは想定外、それでも本線一点目4210円的中なら満足。
若干、つきすぎた感はあるが、つきすぎた事に感謝こそすれ不満はない。






公開予想の東京最終レース、三峰山特別はヒモ筆頭のイーグルフェザーが一着。
最後の最後まで迷った相手だけに、ここはつきがなかったか。






次週は、またもや変則の三日間開催に加えて交流G1のJBCもある。
加えて、研鑽は中4日、ここは絞り込んだ研鑽作業に心掛けねば。
故に、明日も休むことなく、いの一番研鑽は京都のみやこステークス






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 18:11| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

勝負鞍快勝


本日の馬場レベルを思えば、新潟勝負参戦は必然。
新潟のメイン、ダート1200m戦の北陸ステークス






無論、軸に選ぶは「今週の狙い」にて馬名を挙げたドリームドルチェ
ゴール手前、二頭のマッチレースになった段階で的中確信
ここは、荒れると踏んで軸から馬連にて8点買い。






故に、どちらがアタマでも関係なく余裕のよっちゃん。
驚きは、馬連でも4万超えだったこと。
当然、勝負鞍故に会員配信レース、そこそこ喜んで頂けたか。






勝負鞍の高配に気分高揚し、観戦料程度の菊花賞は予算積み増し。
ここ、どうしても気になる妙味馬は、昨日の前日見解にて挙げたクリンチャー
スタミナ勝負になれば、馬場レベルの恩恵受けると書いたはず。






ここも、荒れると読んでクリンチャーから馬連にて10点買い。
最後の最後、二着争いに息を飲むもクリンチャーがハナ差踏ん張る。
さすれば、まさかの馬連は万馬券、積み増した分だけ儲け増える。
ついてる時はこんなもの、慢心することなく次週に繋げたい。






次週は、豪華面子の天皇賞に土曜も重賞は東西二鞍組まれてます。
明日一日休んで、いの一番研鑽は、参戦意欲そそる天皇賞。






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 17:04| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

スプリンターズステークスは内め厚くで正解


凱旋門賞まで一眠り、美味しそうなオッズに惹かれての参戦。
無論、軸はスーパ三歳牝馬のエネイブルから馬単ウラ、オモテ14点。
ウラ厚くにて勝負してやろうと思ってます。






本日、勝負鞍一本目の兵庫特別エクセレントミスズの大逃げにやられる。
まぁ、ここは向う正面で軸馬の位置取りを見てハズレ馬券を確信。






勝負鞍二本目の阪神メイン、ポートアイランドステークスは軸がマイネルハニー
如何せん、ムーンクレストについては迷いはしたが買い目に入れず抜け。






嫌なムードで迎えた、最後の勝負鞍スプリンターズステークス
前日見解にて一番気になると書いた、メラグラーナは朝からの流れで評価下げ。






無論、軸は勝ったレッドファルクス、相手も内めの馬と先行馬を厚く。
逃げたワンスインナムーンが粘れば、してやったりの勝負鞍。
内からレッゴードンキに交され、更に軸馬が外から差し込む。
まぁ、レッツゴードンキに交された時点で安目確定故にテンション下がる。
せめて、アタマがレッツゴードンキだったらのタラレバ
それでも救いは、内めの馬を厚く買っていたことで本線3点目でも納得。






次週は東京、京都に開催替わりで三日間の変則開催です。
いの一番研鑽は、開幕週京都の芝1400m戦久多特別






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 20:16| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

目イチの勝負鞍、願い叶わず


本日、目イチの勝負鞍はハンデ戦のムーンライトハンデ
ここ、ルメール要らずと読んでの最内引いたキンショーユキヒメから。






同馬を軸に、本線馬単ウラ、オモテ8点、押さえウラ無し一点にて勝負。
本線一番手の大本線は、ハンデ頭の川田跨るハクサンルドルフ
決め手の鋭さと、阪神コース適性、唯一の不安は短い直線。
故に、同馬は軸ではなく本線一番手の大本線相手。






最後の直線、一完歩毎に二着馬を追い詰めるもアタマ差届かずの三着。
一着馬から三着馬までタイム差無しのゴール前、願い叶わずのハズレ馬券。






二重賞、神戸新聞杯は「見」にて正解、間違いなく参戦してればガミってる。
観戦料程度の参戦は産経賞オールカマー、ここは辛うじてガミり逃れる。
朝からの流れを研鑽し、ステファノスを二着軸に固定しての10点買い。
二着付けに固定した分、オモテ要らず故、手広く買ってもガミリ逃れる。
それでも、アタマがルージュバックなら、儲けごくごく僅かのほぼほぼチャラ。






公開予想の中山最終レース、安め決着でも本線一点目ならご容赦。
小生の買い目を、上手く手玉に取って参戦すれば宜しかろう。
因みに、本日の勝負どころもルメール要らずは正解だったものの・・
安め決着故に、喜びも半減。






次週は、秋のG1戦線の始まりスプリンターズステークス
無論、いの一番研鑽はスプリンターズステークス。






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 18:20| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

セントライト記念はチャラ


白井特別終了後、馬場の乾きの速さにクリンチャーは評価下げ。
軸は、当初の予定通り、迷わず名手の跨るミッキースワロー






本線三番手に挙げたサトノクロニクル、4角手前で・・
ズブさを出し、追うも前が塞がり、最後の直線も若干の不利。
この面子で、アクセルの踏み直しはキツイ、あれがなければのタラレバ。






軸がアタマだけに、本線三点目でも戻りはデカイが三着なら致し方無し。
セントライト記念は、的中でもアルアインの押さえ下げでチャラ。
救いは、押さえ馬券のウラ要らずだったこと。






本日、セントライト記念のチャラ的中と、浦安特別の本線的中で三戦二勝。
準メインは安目、メインはチャラ、三戦二勝でも儲けはごく僅か。






公開予想のサトノキングダム、連は確保でもやっぱり勝てずの二着。
これで8戦消化の二着が五回、並みの馬なら馬主孝行なんだが如何なものか。






次週は、ダービー馬が登場の神戸新聞杯に東は産経賞オールカマー
いの一番研鑽は、混戦面子の産経賞オールカマーです。






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 18:51| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

自信の勝負鞍、京成杯オータムハンデ本線的中


ブログ、メルマガにて配信したように自信の軸は・・
近走安定駆け、朝からの流れ、馬場レベル等々、研鑽の上グランシルク
マルターズアポジーなんぞは要らずの筆頭。
惜しむらくは要らずの二番手、ダノンプラチナの出走取り消し。
同馬が出てれば、儲けは更にデカかったはずと欲を出す。






道中も全くもって危なげない走り、4角過ぎには勝ちを確信。
最後の最後、ガリバルディを大声あげて声援。






三着馬のダノンリバティは本線4点目、ガリバルディは本線二点目。
それよりなにより、戻りのデカさが全然違う。
ここは無事に、馬単6460円的中、当然乍ら会員配信予想。






公開予想の阪神最終レース、ここも読み通りエンヴァール快勝。
二着の8番人気馬マテラアリオンは、小生の4番手。
ブログにて、オモテ厚くと書いていたので儲けは出たはず。






本日、勝負鞍は「今週の狙い」にて挙げた新涼特別大本線的中含め三戦二勝。
次週、三日間の変則開催、いの一番研鑽は三歳牝馬重賞ローズステークス






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 17:11| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

悔しさ一杯の札幌記念


先に、ブログにて書いたように札幌のモレイラ断然要らず
狙いは、札幌8R下級条件の芝2000m戦。






断然人気のアドヴェントス要らずなら、軸は二番人気のルメールが筋。
故にここは、ルメール跨るヨシノザクラから馬単ウラ、オモテ12点にウラ要らず一点。
観戦料程度の参戦なので、少額ですが16360円なら御の字です。






悔しさ一杯は、自信満々にて挑んだ勝負鞍の札幌記念
軸は三着だったヤマカツエース、勝ちを意識しての前めの競馬に不安的中。






最後の直線、サクラアンプルールどころかナリタハリケーンにも差されて三着。
一着馬も、二着馬も相手馬券として持っていただけに悔しさ満タンです。
勝負参戦の不的中は、如何ともすべからず、次週にリベンジ誓う。






新潟の最終レース、公開予想の軸馬ソレイユフルールは読み通りの快走。
出脚決めて、スピードに乗るとそのままゴールまで一直線で駆け抜ける。
流れも、展開も読み通りで、二着馬も相手関係の二番手で馬単7080円的中






次週は、新潟二歳ステークスにスプリント戦のキーンランドカップ
二重賞ともに食指そそらず、明後日からの研鑽にてお宝馬さがし。






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 17:30| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

至極、快調です


兎に角、本日の予想は結果から言えば概ね良好。
概ねと書いたのは、昨日同様に点数を絞り過ぎた感の勝負鞍。






絞り過ぎるのは、儲けを考えるが故・・
ガミるのを、良しとしない為。
本日、勝負鞍は三戦一勝に終わる。
救いは、的中の一鞍が本線だった事。






それでも、観戦料程度の参戦果たした二重賞はともに的中
直前の結果を踏まえて、クイーンステークスは堅軸馬アエロリット万全と研鑽。
続き、最終研鑽にてフィドゥーシアを軸に選んだアイビスサマーダッシュ
ここは、一番に美味しいところが的中で本日三本目の万馬券






一本目は、先程のブログにて挙げた新潟6Rの戸崎要らず馬券。
二本目は、メルマガ配信した新潟の準メイン、岩室温泉特別
ここは、「今週の狙い」にて挙げた、新潟得意のアノ騸馬から手広く。
結果、ストロングトリトンが勝って馬単15140円の的中






クイーンステークス直前、ポプラ特別は「今週の狙い」にて挙げた馬が鎮座。
ここも、二段階降級のディーズプラネットを抑え、レインボーソングが一着。
ディーズプラネット断然故に、馬単ウラ、オモテの二点のみ。
それより、この結果を踏まえてのクイーンステークス的中は満足度高い。






次週は、大好きなローカルハンデ重賞の小倉記念にダートのレパードステークス
明日一日は休養し、いの一番研鑽は無論、大好きな小倉記念です。






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 17:22| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

ラウレアブルーム驚愕の逃走劇


昨日の轍は踏むまいと、最終研鑽に慎重を期して迎えた本日。
予想としては、ほぼ完璧なる読みが出来たと自負。






「今週の狙い」にて挙げた妙味馬は、中京の渥美特別
中京三走目になる現級馬、この頭数でこの面子なら。
そうラウレアブルームです。
大逃げを打って、そのまま一着にてゴール板駆け抜ける。






あまりにも、美味しきオッズが並ぶ故に遊び程度の参戦。
ラウレアブルームを軸に、少額投資故の馬連総流し11点買い。
それでも、37140円も付けば御の字です。






観戦料程度に変更の中京記念、軸は前めで競馬出来るウインガニオン
的中はしても、不安材料散見のグランシルクが二着だけに・・
手広く流した分、儲けは雀の涙。







函館二歳ステークスについては、堅軸馬に挙げたカシアスが一着。
唯、二着に粘ったウインジェルベーラ、小生はノーマーク。
ここは、堅軸馬鎮座でも「見」の判断で大正解。






勝負参戦の三鞍は、二鞍的中で本線一点目と二点目故に納得。
前半戦の締め括りは、一応出来たと少々、安堵です。






あとは、メルマガにて挙げたオーラス函館最終レース潮騒特別の妙味馬。
名手の息子が、積極果敢な競馬で連は死守してくれました。






次週からは三場開催替り、初日の狙いは小倉の下級条件特別戦
満を持しての馬が出走予定、当然いの一番研鑽です。






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 17:47| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

スケベ心満願成就のCBC賞


観戦料程度の参戦はCBC賞
ブログにて公表したように軸は、路線変更二戦目のアノ馬。






そう、軸は勝ったシャニングレイです。
高い素質を有しながら、気性が災いし、断腸の路線変更。
ならば、ここは何が何でも勝ちに行く競馬と見て大正解です。






アルティマブラッド筆頭に5頭の要らずを確定。
シャイニングレイをアタマに相手は12頭の手広く12点買い。
配当は驚きの28240円、思わず顔が綻びます。






勝負参戦のラジオNIKKEI賞も、会心の予想。
軸は勝ったセダブリランテス、二着馬も本線相手のウインガナドル
因みに、三着馬のロードリベラルもしっかり押さえてました。
兎に角、サトノクロニクル要らず必至故に謎解きは簡単。
本日、二重賞ともに高配的中、会員各位にも笑顔届けられたか。






公開予想の、函館の最終レース、道新スポーツ杯は本線二点目の的中
路線変更二戦目の、デアレガーロ、内をすくっての快勝。






次週は、ハンデ重賞の七夕賞にダートのプロキオンステークス
明日一日は休養にあて、明後日いの一番研鑽はプロキオンステークス。






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 17:13| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

本日の二重賞参戦は皮肉な結果


先ず、結論を先に申し上げるなら二重賞は一勝一敗。
皮肉なことに、早々に勝負を決めたエプソムカップは不的中。






クインズミラーグロに惹かれ、勝負鞍に決めたマーメイドステークスは的中。
前日見解通り、軸馬はゴール前二着に突っ込んで来て、アタマは二番手に・・
挙げたマキシマムドパリ、会心の本線一点目的中






皮肉な結果はエプソムカップ、ここは軸馬マイネルハニーがゴール前差されての三着。
要らずの人気馬、タイセイサミットは確信していただけに不的中は心外。
直線中ほどでは、ここも的中かと、ぬか喜びのハズレ馬券。






公開予想の東京の最終レース、トレンドラインはスタート、位置取り文句なし。
的中はしたものの、戻しが意外に安いのは軸馬の信頼の高さか。
惜しむらくは、最後の直線、スフェーンが進路阻まれ追えず・・
漸く、進路を見つけるも届かずの三着、あれがなければのタラレバ。






次週から夏競馬、夏の函館は美味しきオッズが並ぶ故、楽しみです。
無論、いの一番研鑽は堅軸馬鎮座の函館スプリントステークス






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 18:11| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

勝負参戦の安田記念、穴目で拾えました


昨日、本日の流れを見極めての安田記念
特に、同距離施行の新馬戦、研鑽材料としては参考になる。






イスラボニータの評価ザザ下げと、押さえ程度でもロゴタイプの判断は正解。
イスラボニータの評価ザザ下げで、同時にマイラーズカップ組の評価下げ。






アンビシャスサトノアラジンかで迷った末、今日の流れを重視、軸は後者。
何とか、押さえ程度の評価で拾ったロゴタイプも穴目で少々押さえる。
惜しむらくは、本線馬券のレッドファルクスの三着、思わず声が出る。
安田記念の読みは、挙げた馬が掲示板4頭確保でまぁまぁの読みか。






デムーロはこれで、三連続G1戦において届かずの三着と本人も思うところありか。
それにつけても公開予想の最終レース、三浦特別ラバニーユも届かずの三着。
四角を回るところで、かなり外の馬を気にしていたのは気になるところ。






次週はG3戦が二鞍、別定戦のエプソムカップにハンデ戦のマーメイドステークス
明日一日は休養し、いの一番研鑽は要らずの人気馬がいるエプソムカップです。






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 17:23| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

日本ダービーの予想は完璧


つい、日本ダービーの馬券購入はいつもより多めになる。
ワクワク感を抑えつつ、スタートを迎える。






先ずは、スワーヴリチャードのスタートと位置取りに安堵。
最初の5ハロン手前、ペルシアンナイトがひっかかっているのが窺がえる。
すぐさま、後ろからスローとみるや上がって行ったのがレイデオロ






4角廻って的中を確信、今年の日本ダービーは前日見解通り完璧なる予想。
前日見解にて挙げた兎に角、気になる二頭でのワンツゥー決着。
最終的に青嵐賞を見極めての勝負参戦は、本線一点目の大本線的中
本日は、京都平場8Rの本線的中を含め、三鞍参戦の二鞍的中






それにしても、ダービーのルメールも凄かったが目黒記念も豪快差し。
ならばと次週以降は、デムーロの反撃に注視しつつの研鑽作業。






その次週から、早速始まる二歳戦も楽しみですが・・
先ず、いの一番研鑽は開幕週阪神のG3戦、鳴尾記念です。






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 18:07| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

高田城特別は無事に本線的中


週中から、勝負参戦戦を目論んでいた最終日、新潟の高田城特別
軸は、サウスポーで既に現級勝ちのあるシンボリタピット






ここを勝負鞍に選んだのは、人気必至のミスズダンディ要らず故。
馬券は、軸馬から本線4点、押さえ一点、的中馬券は本線三点目
三点目とは言え、馬単9110円ならソコソコ美味しい馬券。






あとの二鞍、京都の準メイン、メインの下鴨ステークスは不的中。
特に後者は、自信があっただけに絞りこんでの三点予想。
本日は三戦一勝、昨日は三戦二勝、土、日で6戦3勝






観戦料程度の参戦はオークス、ここは前日見解通りの決着。
軸馬の快勝に、二着馬も昨日の見解で本線に挙げたモズカッチャン
本線的中でも、観戦料程度、更に手広く買った故、儲けは僅か。
勝負鞍の高田城特別の高配本線的中に救われる。






次週は、いよいよ頂上決戦の日本ダービーです。
当然、何をおいても、いの一番研鑽は日本ダービー。






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 18:30| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

勝負鞍で万馬券的中は胸のすく思い


参戦意欲そそるも、観戦料程度の参戦に切り替えたNHKマイルカップ
替りに選んだのは、東京の準メインブリリアントステークス






軸は前走、休み明けを叩いて上昇気配のヤネ替りミツバ
この面子では力量上位は明白、ハンデも前走惨敗で56、5Kなら。
除外続きで、乗り込み量豊富、距離延長でキクノソルは穴目一番手。
最後の直線、軸馬とキクノソルの脚色を見て的中は確信。






結果、穴目一番手の馬連17770円的中は勝負鞍だけにデカイ。
昨日、勝負鞍三戦中二鞍的中でも安め故、この万馬券的中は胸のすく思い。
返す刀で、勝負鞍三本目の鞍馬ステークス本線的中
本日、勝負鞍三戦中二鞍的中はともに高め故、納得の結果。





公開予想は思わぬ決着、上位三頭の内、一頭は休み明けで重ぐるしく・・
メルマガ配信にても評価ザザ下げたしたものの、残り二頭も討ち死にとは。
三場とも最終レースは、馬単万馬券決着、本日の最終レースは難解なり。






次週は、牝馬のヴィクトリアマイルに土曜は京王杯スプリングカップ
無論、いの一番研鑽は堅軸馬鎮座のヴィクトリアマイル。






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 17:52| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

勝負鞍、読売マイラーズカップ大本線的中


読売マイラーズカップは、要らず確定馬が明確。
先ず、人気ではプロディガルサンはいの一番に要らず確定。
その他、アクションスター始め、臨戦に意義を求める馬が数頭。






故に、「今週の狙い」にて挙げたイスラボニータから本線二点。
無論、エアスピネルは本線一点目の大本線相手です。
安めでも、本線二点買いの一点目的中なら大満足。






一方、ホウオウパヒュームの最終研鑽評価ザザ下げにて・・
「見」の断を下したフローラステークスは驚きの結果。






前日見解にて挙げた二頭、モズカッチャンヤマカツグレースの一、二着。
馬単6万越えの大波乱、ここは「見」にて大正解でした。






次週は春の天皇賞、ここも点数は少なくすみそうなので勝負鞍か。
更に楽しみは、ダービー前哨戦の青葉賞、無論いの一番研鑽。






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 17:12| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

急遽の変更、大正解です


急遽の変更で、外れるときも的中する時もある。
次に進むが肝要と書きました。






そんな訳での急遽の変更、中山芝を嫌っての福島参戦はメインの米沢特別
ここを勝負鞍に選んだのは、研鑽結果の一、二番手のあまりの低評価。






先ず、一番手はショートストーリー、二番手はエバーキュート
馬券購入時は、前者が7番人気、後者が6番人気。
この組み合わせ馬券が、小生の第一本線馬券です。
結果、後者のアタマに前者が二着で馬単7840円大本線的中
無論、この買い目は会員配信故、会員各位も安堵されたと思う。






悔しき結果は、唯一参戦の中山メイン、ダート1200m戦の京葉ステークス
大穴開けた、最低人気のトキノゲンジは買い目には入れてましたが・・
如何せん、軸はショコラブランではなく不良馬場得意のレッドゲルニカ
悔しい、悔しい10万超え馬券です。






驚きは桜花賞レーヌミノルの戴冠、前日見解にて妙味馬に取り上げました。
当然、アドマイヤミヤビの要らず確信で、レーヌミノルは本線二番手。
まぁ、アドマイヤミヤビの要らずは読みきっても一、二着当てずばハズレ。
これはもう、続く皐月賞で的中のリベンジ果たさずばなるまい。






公開予想の阪神最終レース、ダート1800m戦の梅田ステークス
軸馬は勝ちを焦ったか、追い出しが早く最後はオールマンリバーも交せず。
桜花賞に続き、最終レースも三着、桜花賞の落胆が尾を引いたか。






次週は、牝馬ファンディーナ参戦のクラシック戦線二戦目の皐月賞
無論、いの一番研鑽はリベンジ賭けての皐月賞です。






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 17:33| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

痛恨の選択ミス


ギリ研鑽の勝負鞍。
予想以上に早い雨の降り出し、昼過ぎに一旦降り止む。
と思えば、またぞろ雨が降り出し馬場レベルに翻弄される。






いっそ、降り止むことなくザンザ朝から降れば勝負参戦したと後悔。
結局、直前までの研鑽余儀なく高松宮記念は観戦料程度の参戦。
従って、マーチステークスを勝負鞍に選ぶ。






そのマーチステークス、軸馬は二着死守するも一着馬は買い目にない。
荒れると読んで、穴目まで三点買うもインカーテションは選べず。
一方、高松宮記念は昨日の見解通りレッツゴードンキが二着死守。
一着馬のセイウンコウセイも昨日、三点目に取り上げた馬です。
ここは、的中しても勝負鞍でない故、会員各位には申し訳ない思い。






件の高松宮記念、久々に岩田の渾身のイン突きを見た。
鞍上は、皐月賞参戦予定の牝馬ファンディーナの手綱を引き続き取る。
同馬は、皐月賞の結果次第では日本ダービーを目指すという。
これは、クラシック戦線が楽しみです。






次週は、グレード格上げの大阪杯に豪華面子が揃う。
それでも、いの一番研鑽はハンデ戦のダービー卿チャレンジトロフィー






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 17:14| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

勝負鞍、夢見月ステークスも大本線的中


昨日のスプリングステークスに比すれば・・
人気の割に美味しい配当の、夢見月ステークス






スーサンジョイは、押さえにも買ってない故にゴール前は力入る。
最後の最後、粘るスーサンジョイをブライトラインが差してゴール。
人気の割に美味しいのは、ディーズプラネットキタサンサジンの過大評価。
更に前走、展開利で勝ちを呼び込んだスーサンジョイの過大評価。






一方、牝馬重賞のフラワーカップは「見」にて大正解。
この程度の面子で、ファンディーナが後塵を拝することなんぞない。
最後は、当然のことながら持ったままのフィニッシュ。
二着馬のシーズララバイ、買いづらい割にオッズは低い。
本番へ向けての研鑽は、勝ち馬のファンディーナ以外は見るべきものなし。






公開予想の中山の最終レース、軸馬エネスクの鞍上の意地を感じる辛勝。
ウラは持っていないだけにハラハラドキドキの最後の直線。
リアリストの脚色を見たとき一瞬、諦めかけたが安堵です。
本線ギリの4番手の相手故に、ソコソコ儲けは出る。
ここ、三着のサクラルコールを最低評価に下げたのは正解。






今週末から、ドバイ始め高松宮記念から始まる春のG1戦線。
明日から早速の、いの一番研鑽は東上最終便の毎日杯






本日は以上です。

posted by たけ蔵 at 16:59| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
from,21 Jan 2009