2017年07月23日

本日の推奨レース


本日、三場全てオーラス開催。
次週からは、新潟、小倉、札幌に開催替わり。






オーラスに相応しく、混戦面子のレースが多く・・
スケベ心疼くも、昨日の轍は踏まないよう慎重を期す。






そんな訳で、中京記念は観戦料程度の参戦に変更。
いの一番、気になったグランシルクに最終研鑽後、不安材料散見故に。
ここは、前めで競馬出来る昨日、挙げたアノ馬から手広く流す。






一方、早々に「見」を決めた函館二歳ステークス
相当に、カシアスに心惹かれながらも、ここは慎重に「見」の判断。






本日の推奨レースは、福島の最終レース、下級条件の芝1200m戦。
前走、彦星賞の面々を研鑽の末、軸は負けて強しの競馬をしたプレイヤード






その前走、出遅れ、中団の後ろを追走、最後は勝ち馬にコンマ三秒差なら上々。
それより、内め引いてモマレ弱い馬が、臆せず差し込んで来たのは収穫。
いつもより後ろめの競馬なら、末脚鋭くない馬があの位置では届かない。
本来、小回りコースを得意にしており、現級勝ちも小倉の1200m戦。
この面子では、力量上位は疑いなく、スタートさえ決めれば軸は安泰か。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは140位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:05| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

中京記念の前日見解と本日の推奨レース


本日、早くも100勝到達の戸崎圭太。
一方、東西の名手は二人足しても100勝に満たない。






時代の変遷か、はたまた人的ファクターの為せる業か。
何れにせよ、買う側にすれば厄介なファクター研鑽が増えた。






では、明日の中京記念の前日見解をお伝えします。
先ず、人気背負うブラックムーンは人気ほどの信頼はし難い。






いの一番に気になるは、関東馬のグランシルク、臨戦過程に好感。
続き、斤量が些か気にはなるが同じく関東馬のマイネルアウラート
上昇ムードにあるウインガニオン、展開利が見込めそうなダノンリバティ
穴で妙味は、内めのケントオーに大外でも8歳馬のサンライズメジャー






本日の推奨レースは、福島の最終レース、下級条件のダート1150m戦。
ここは、減量ヤネに引き続き手綱委ねるドウカンヤマを中心に馬券を組む。






休み明けの前走、スタートで煽り、しゃにむに鼻を奪うも最後差されて4着。
6ヵ月の休養明け、展開、流れを思えば上々の滑り出しと考える。
今回は同型手薄、枠も2枠3番、スタートさえ決めれば崩れぬ。
ヤネは今期デビューの武藤雅、小回り福島でスピード生かす競馬を期待。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは150位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:20| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

今週の狙い


散歩コースの途中にある甘味処が、最近閉店。
楽しみと休息場所を失った。






では、土曜日の狙いから・・
先ず、中京の準メイン、1000万下の芝1600m戦長久手特別
一見、一騎打ちの様相だが妙味馬もソコソコいて一騎打ち成り立たず。
そこでお薦めの妙味馬は、休み明けの降級馬、今週の動きが圧巻です。






函館のメイン、準オープンの芝1200m戦函館日刊スポーツ杯
明日の天候を思えば、馬場レベルが心配だが、アノ前走惜敗馬が一枚上。
現状、馬の状態がすこぶる良く、函館三走目で、ここは目イチ駆け。






日曜の二重賞、二歳戦の函館二歳ステークスにハンデ重賞の中京記念
無論、勝負はと問われれば二歳戦なんぞではなく後者の芝1600m戦、中京記念。






中京の下級条件、芝2200m戦渥美特別は妙味馬を推奨。
降級馬三頭が参戦しているが、力量は拮抗、現級馬とて差はない面子。
そこで妙味は、中京三走目になる現級馬、この頭数でこの面子なら。






福島のメイン、オープンの芝1800m戦福島テレビオープンは7頭立て。
全く馬券的な妙味はないが、手堅く取りに行くなら二点で仕留めたい。
お薦めの軸馬は、小回り福島向きの先行力を武器とするアノ4歳馬。
叩いて二走目の今回、面子を思えば、好位でも競馬出来るコノ馬が軸。
人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 22:47| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

本日の推奨レース


函館競馬場の天候を思えば・・
直前までの馬場レベルの見極めが必須。






故に、勝負鞍とは出来ず、本日は中京中心に勝負参戦。
唯、相変わらずのスケベ心、函館記念は観戦料程度の参戦。






福島競馬では、函館記念不参戦の戸崎がギフト馬券配りまくり。
昨日は、一番人気背負い7鞍、連に絡めず。






今日も今日とて、朝から三鞍絡めず、美味しい配当を提供。
顕著なのは昨日の福島4R、二番人気馬と三番人気馬の馬券で4500円。
こういう馬券を上手く拾えば、馬券収支はグッと上昇する。
故に、断然人気馬の要る、要らず研鑽は馬券戦線のキモ。






本日の推奨レースは、函館の最終レース、ハンデ戦の北海ハンデキャップ
上昇度、今週の動き、距離適性等々思えばメイショウガーデンに惹かれるが・・
敢えて、ここは人的ファクターを重視、軸は浜中跨るラディウス






常に、このクラスでは上位争いに加わり安定駆けのラディウス。
函館も二戦して4着二回、前走なんぞは出遅れを挽回してのコンマ一秒差。
今週の動きも上々、初の2600m戦だが、スタミナ豊富な馬で問題ない。
最近は振るわないヤネだが、ここは渾身の目イチ駆けを見せてもらいたい。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは140位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:25| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

函館記念の前日見解と本日の推奨レース


本日、他作業に時間を取られ時間的な余裕なく・・
無料メルマガの配信は、止む無く休みと致しました。






では、明日の函館記念の前日見解をお伝えします。
先ず、オッズ上では断然人気のルメール跨るサトノアレス






小生の同馬に対する評価は、あっても押さえまでの程度の評価。
距離不安は兎も角、前走の巴賞の勝ち方が大不満足なんです。
まぁ、あれが人馬一体のおとぼけなら大したもの。






食指動くは前走、嵌った感は否めないものの名手が引き続き跨るステイインシアトル
続き、大外はかなりイタイが小回り向きの機動力を持つサクラアンプルール
コース適性の高いツクバアズマオー、斤量背負うがマイネルミラノ
好枠引いたアングライフェンは押さえ、穴で2枠の二頭が食指そそる。






本日の推奨レースは、函館の最終レース、芝1800m戦の湯浜特別
ここは、「今週の狙い」にて挙げたダークネブラスを軸に馬券を組む。






二番人気と妙味は予想以上に無いが、上位力量馬の現況を思えば致し方なし。
小回り、平坦コースが走る条件、特に今回は長期休み明けを叩いての二走目。
更に、今週の動きも絶好調時のそれ、面子を眺むれば連逸は許されず。
函館最終の湯浜特別は、素直にダークネブラスの上昇度を買う。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは130位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:25| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

今週の狙い


二日間にわたり、開催されたセレクトセール
最高値は、イルーシヴウェーヴ2017の58000万。






当歳馬のセレクトセールでは、過去二番目の高値らしい。
因みに、過去一番高値の馬は一度もターフを走っていない。






では、土曜日の狙いから・・
先ず、福島のメイン、準オープンのダート1700m戦安達太良ステークス
この条件下なら、アノ4歳馬が断然、小回り適性が高く、乗り込み量豊富。
兎に角、二走前のオープン二着時が負けて強しの内容で・・
勝ち馬の次走を思えば、ここでは能力が一枚上。






函館の最終レース、下級条件の芝1800m戦湯浜特別は妙味馬を推奨。
同条件施行の臥牛山特別と両睨みで、相手関係を吟味しての参戦。
前走が長期休養明けの初戦、叩いて二戦目のここは上積み大きく期待膨らむ。






日曜、重賞戦は一鞍、ハンデ戦の芝2000mは函館記念
福島メインは難解、勝負は函館記念かダート戦の名鉄杯






福島の下級条件、芝の2000m戦は種市特別も叩き二戦目の馬を推奨。
前走、大幅減の馬体重は戻ったと見る、それよりなにより・・
前走、休み明け、下手乗りにも関わらず複勝圏内確保は成長の証。






中京準メイン、1000万下の芝2000m戦はシンガポールTC賞
今回、またまた休み明けでの参戦になるがアノ馬の絶対能力を信じる。
ここまで、10戦消化して全て掲示板、内9戦は全て三着以内の安定駆け。
まだまだ上を目指せる馬で、今週のケイコも目を見張る圧巻の動き。
日曜、中京の準メイン、シンガポールTC賞はコノ馬から。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 18:06| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

本日の推奨レース


時に、気分転換は必要不可欠なもの。
昨夜の、あてどないドライブは本日、功を奏するや。






功を奏すると言えば・・
急遽、勝負鞍をプロキオンステークスから七夕賞に変更。
アノ人気馬の、評価ザザ下げ確定に依るものだが功を奏するや。






そのプロキオンステークス、スケベ心収まらず観戦料程度の参戦。
ここは、アノ5歳馬から穴目まで手広く流すつもりです。
無論、アノ5歳馬とはカフジテイクなんぞではありません。






本日の推奨レースは、福島の最終レース、下級条件の芝1200m彦星賞
ソコソコ美味しいオッズが並ぶ、ドングリコロコロ混戦面子です。






軸は昨日、本年度の初勝利を挙げた嘉藤貴行跨るポンポン
同馬の未勝利勝ちは、デビューから5戦目小回り中山の1200m戦。
その後、低迷続くも距離を6ハロン戦に戻した三戦前から常識にかかる。
更に言えば二着、二着と続けたあと、ここに向けて放牧休養を挟んだのは好感が持てる。
坂路での動きも最終追いは、時計も速く仕上がり早の同馬故、好勝負必至。
テキのコメントは泣きが入ってはいるが、この面子ならの思いと見る。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは130位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:16| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

七夕賞の前日見解と本日の推奨レース


朝イチ、プライベートの不快なる出来事に、心落ち着かせるよう努める。
何せ、大切な競馬開催日、真摯な気持ちで向き合わねば。






では、明日の七夕賞の前日見解をお伝えします。
先ず、ここに入れば力量上位疑うべくもないゼーヴィント
唯、今回は調教の動き、斤量、休養期間等々思えば押さえ程度か。






同じ休み明けでも、マルターズアポジーには食指動く。
最後まで、ハンデ絡みで出走表明せずも出てくる限りは信頼したい。






続き、東の名手が引き続き手綱取るスズカデヴィアスフェルメッツア
枠はからいが、マイネルフロストも近二走を研鑽すれば魅力です。
穴目は、暮れの金鯱賞ヤマカツエースと接戦を演じたパドルウィール






本日の推奨レースは、福島の最終レース、下級条件のダート1700m戦。
ここ、降級馬が三頭いるが軸は降級馬ではなく現級馬のスフェーン






兎に角、前走は度重なる不利を物ともせず、勝ち馬からコンマ4秒差。
次走こそはと思わせるに十分な内容、唯一の不安は気ムラな点。
その点を考慮してのヤネ替りか、ここは吉田豊の手綱捌きに期待したい。
スタート決めて、好位取り切れば、馬の力量からして崩れることはない。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは130位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:48| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

今週の狙い


ギリ、出走を決めたトップハンデのマルターズアポジー
兎に角、コノ馬の取捨がローカル福島七夕賞のキモ。






では、土曜日の狙いから・・
先ず、確実に取りに行くなら、妙味はなくとも福島の準メイン松島特別
ここなら、アノ降級馬が力量は一枚上、ここは同馬から本線二点。
コース適性、距離適性、臨戦過程、調教、どれを取っても不安なし。






函館のメイン、ここも妙味はないが確実に取りに行ける五稜郭ステークス
同じ少頭数でも、件の松島特別と違い力量は横一戦の混戦面子。
お薦めは休み明け走るアノ馬、前走の大敗は距離不適性で度外視。






日曜、冒頭に挙げた七夕賞にダート重賞のプロキオンステークス
小生の勝負気配は好面子揃った後者のプロキオンステークス。






福島の牝馬限定戦、下級条件の芝2000m戦織姫賞は妙味馬を推奨。
前走のマイル戦は、距離不足否めずも、コンマ5秒差なら上々の内容。
今回、10ハロン戦で小回り福島にコース替り、今週の動きを信頼。






函館のメイン、ハンデ戦のダート1700mはマリーンステークス
力量上位馬の現況を思えば、ここは上がり馬のアノ馬に食指動く。
斤量は、前走より1K重くなるが、背負いなれた斤量故問題あるまい。
他馬との比較を考えても、他馬の現状を研鑽すれば斤量差は大して気にならない。
日曜、函館のメイン、マリーンステークスはコノ馬の上昇度を買う。
人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 17:35| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

本日の推奨レース


今しがた終わった、CBC賞と同距離施行の平場戦
高配決着となったが、そう難しい謎解きではない。






一番人気の、ビックリシタナモーの要らずさえ紐解けば簡単。
勝ったのは、厩舎二頭出しのナーウル、何をか言わんや。






本日、CBC賞はスケベ心疼き観戦料程度の参戦。
軸は、路線変更二戦目のアノ馬、ここは軸から手広く流す。






本日の推奨レースは、函館の最終レース、芝1200m戦の道新スポーツ杯
ここもCBC賞同様に、路線変更二戦目の三歳馬、デアレガーロを軸に据える。






新馬、下級条件と二連勝したほどの素質馬、気性が災いし・・
クラスが上がる程に勝てなくなる。
休み明けの前走、距離短縮で挑むも行きたがる。
更に、短距離戦を求めての北上参戦。
洋芝適性、小回り適性高しと見て、ここは同馬を軸に馬券を組む。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは130位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:37| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

CBC賞の前日見解と本日の推奨レース


戻りつつある函館の馬場レベル。
ならばと、勝負鞍に選んだ函館のメインTVh杯






その前の「お宝」と見た福島の平場芝1200m戦
今しがた終わりましたが、メルマガ配信したように本線一点、押さえ一点にて参戦。
本日の運試しと考えてましたが、無事に本線一点の方で的中です。







では、明日のCBC賞の前日見解をお伝えします。
そそるオッズが並ぶも、難解たる思いは変わらず勝負か否かは明日の馬場レベル。






いの一番に挙げるはトウショウドラフタ、7ハロン戦のスペシャリストでも・・
明日の馬場レベルを想定すれば、直線の長い中京コースなら。






続き、斤量有利なメラグラーナに全兄が中京巧者だったティーハーフ
7枠からは実力馬のエイシンスパルタンではなく、三歳馬のタイムトリップ
件のエイシンスパルタンは評価ザザ下げ、、メラグラーナはあくまで馬場次第で最終判断。
最後に、前走内容から北村友一の手綱取るシャイニングレイ






本日の推奨レースは、中京の最終レース、下級条件の芝2000m戦。
ここなら、二頭いる降級馬から軸は減量ヤネ跨るメイショウタチマチ






上のクラスでも好走、下級条件に編成替えなら力量は間違いなく上位。
更に、今回の面子を研鑽すれば軸馬との力量差は歴然です。
距離の10ハロン戦もベスト、曇りから晴れに変わり・・
馬場レベルも回復に向かうなら、メイショウタチマチの勝ち負けは必至。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは130位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:47| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

今週の狙い


夏場の研鑽作業は、深夜から朝方になる。
故に、昼夜逆転の生活になる、従って女房殿の機嫌が悪い。
そんな中、見つけた「お宝」は福島平場の下級条件芝1200m戦






では、土曜日の狙いから・・
先ず、中京の下級条件、芝1600m戦は御在所特別
一頭、抜けた馬が鎮座するも、食指そそるは叩き三走目のアノ三歳馬。
前走内容を思えば、中京コースで更に期待が膨らむ。






福島のメイン、準オープンの芝1200m戦、テレビユー福島賞
ここは不動軸が鎮座、この面子なら力量は二枚上、臨戦体制も整った。
相手探しの一戦で、勝負鞍に相応しい開幕週福島のメイン。






日曜はハンデ重賞が二鞍、CBC賞ラジオNIKKEI賞
唯、確実に取りに行くなら妙味はなくとも函館の巴賞






福島の準メイン、1000万下の芝1200m戦さくらんぼ特別
ここは妙味馬を推奨、何せ今週の動きが素晴らしく圧巻で惚れ惚れする動き。
三歳馬で斤量恩恵もあり、面子もさほど強力ではなく、通用すると研鑽。






中京の1000万下、芝の2200m戦、木曽川特別はフルゲート。
面子を思えば大混戦、初東上の一戦以外は、安定して駆けているアノ馬。
今回、休み明けにはなるが、過去二度の休み明けとは動きが雲泥の差。
ここから更に上を目指すには、ここは叩き台ではなく目イチ勝負のはず。
日曜、中京の木曽川特別はコノ馬が中心のレース。
人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 19:55| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

本日の推奨レース


昨日、今日と妙味馬推奨した馬が人気薄にて快勝。
今しがた終わった、東京の8Rも推奨のピッツバーグが9番人気で快勝。
馬単は何と38130円、20点買いでも儲けは十分です。






中途半端な雨で、ギリ研鑽が必要な宝塚記念
故に、勝負参戦は見送り、観戦料程度の参戦とする。






そこで馬券は、キタサンブラックの二着付けを買おうと思う。
勝負鞍でないのなら、ここは大胆に儲けを捻り出しにいく。






不動軸の二着付けなら、馬券は二点ではなく実質6頭立ての宝塚記念。
本線4点、押さえ一点馬券で攻める、穴目なんぞは必要ない。






それにしても、今年から報奨金交付基準が改正され、キタサンブラックが勝てば・・
本賞金に報奨金が加算され、3億5千万となる。






本日の推奨レースは、函館の最終レース、ダート1700m戦の津軽海峡特別
ここは、常にこのクラスで安定して駆けているエポックを軸に馬券を組む。






同馬は小回り適正高く、函館コースでは三戦して一勝二着二回とパーフェクト。
昇級初戦の前走は、スタートで躓いてリズムを崩して競馬にならず度外視。
降級して、このクラスに戻れば力量上位は間違いなく面子も弱化。
逃げるハヤブサナンデダロがいる分、目標にすべき馬が居てレースも組み立て易い。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは130位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:24| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

宝塚記念の前日見解と本日の推奨レース


明日の宝塚記念、一番の研鑽は力量ではなく馬場レベル。
今晩から降りそうな雨、雨量と止む時間帯が鍵。






そんな訳で、不動軸キタサンブラックの一番の敵は馬場レベル。
重でも相当に悪くなれば、黄色信号が点る。






馬場が相当に悪くなると予想するなら、いの一番はミッキークイン
確かに、前走は不可解な敗走だが、阪神替りと距離延長、馬場レベルで浮上。






続き、前走に引き続き東の名手が手綱取るゴールドアクターを見直す。
今年初戦、不可解なる負け方の日経賞、出遅れて本来の競馬出来ずの前走。
それでも、迫力ある調教の動きを見せられれば三走目で真価発揮か。






出遅れ癖あるもシャケトラ、ドロンコ馬場ならサトノクラウン
シュバルグランについては、距離適性と馬場レベルを思えば要らずか。
何れにしろ、馬場レベルにて不動軸のウラ、オモテ研鑽がキモ。






本日の推奨レースは、阪神の最終レース、下級条件のダート1400m戦。
ここなら、アタマ不動とまでは言えずとも、軸なら信頼出来るセネッティ






当該コース、当該距離は二戦二勝、休み明け二走を連読三着でコース替り。
ここ狙いの臨戦なら、よもやこの面子で連は外すまいと研鑽。
今週の遅れが若干、気にはなるが相手を思えば、さほど気にする事はないか。
ヤネ替りとはなるが、ルメールからデムーロなら問題はない。
何れにせよ、得意コースで得意距離なら崩れる事はないと見る。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは130位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:42| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

今週の狙い


前半戦締め括りの宝塚記念
妙味はないが、二点に絞れれば儲けは十分捻り出せる。






では、土曜日の狙いから・・
先ず、東京の下級条件ダート1400m戦は日野特別
ここは、降級馬が半数以上占める、故に軸は降級馬が筋。
前走の大敗は休み明け初戦、馬も気負っていた、ここは叩き二走目のアノ馬を見直す。






阪神の下級条件、フルゲート戦の芝1400mは出石特別
混戦必至の面子だが、お薦めは上昇著しいアノ三歳馬。
近走研鑽すれば、芝の7ハロン戦なら、この面子でも好勝負必至。






日曜、宝塚記念は相手探し二点までのレース。
競馬に絶対なんぞはないが、よほどアクシデントでもない限り軸は不動。






宝塚記念終わりの最終レース、リボン賞は1000万下ダート1800m戦
ここは、このクラスだと力量上位間違いないアノ牝馬が軸で大丈夫だろう。
前走も、ゴール前差し返されたが力上位は見せた、必勝期してのヤネ替り。






東京の準メイン、1000万下のダート1400m戦は清里特別
降級馬一頭きりの面子で、あとは混戦模様の妙味十分なる面子が揃った。
ここで推すは斤量恩恵の三歳馬、出走がスライドしたが今週の動きは圧巻。
今回の条件下で、この面子ならコノ三歳馬が一押しです。
人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 18:27| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

本日の推奨レース


本日、阪神の新馬戦で勝利を挙げたコスモインザハート
今期、不調のビッグレッドファームには嬉しい新馬勝ち。






鞍上は、2014年に復帰した柴田大知の双子の弟、柴田未崎。
この勝ち鞍で今期二勝目、再デビュー以来、漸くの9勝目。






もう少し、騎乗機会が増えればまだまだ勝てるヤネ。
彼と同様のキャリアで、下手乗りヤネでも勝ち星は積み重ねている。






先週、いの一番研鑽の函館スプリントステークスは思案重ねた末に「見」の断。
今しがた終わった、下級条件の時計も速く、堅軸馬の存在揺らぐ故。
翻って、勝負参戦の断を下すは、三歳ダート重賞のユニコーンステークス






本日の推奨レースは、阪神の最終レース、下級条件の芝1200m戦。
ここは、長期休養明けを一度叩いたサトノフラムを軸に据える。






元々は、素質を期待されていた同馬、骨折で出世は遅れたものの・・
戦線復帰したなら、この程度の条件下で足踏みは出来ない。
前走からの距離短縮も、前走の行きっぷりを思えば問題ない。
その前走、如何にも出来一息で、調教の動きもイマイチ乍ら、格好は付けた。
当然、叩いた今回は一変とまでは行かずとも、この面子なら信頼は出来る。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは140位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:03| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

ユニコーンステークスの前日見解と本日の推奨レース


三年連読の、名手勝利で幕を開けた函館開催。
名手と同期の、蛯名もフル参戦と今年の函館競馬は面白い。






では、明日のユニコーンステークスの前日見解をお伝えします。
先ず、同じエージェントでヤネ替りが不可解なるリエノテソーロ
この辺りの人的ファクターを、如何に読み解くかが鍵。
唯、臨戦過程を思えば、ここで不様な競馬は出来ないはず。






続き、新馬勝ちの鞍上にヤネ戻りのサンライズノヴァが二番手評価。
外目のゲートが痛いが、サンライズノヴァと同馬主のサンライズソア
あとは、サヴィラユロット、人気のアンティノウスは押さえまで。






妙味は、ヤネ替りのサンオークランドに前走内容からウォーターマーズ
ここ、勝負参戦か否かは偏にリエノテソーロ万全と読みきれた時。






本日の推奨レースは、東京の最終レース、下級条件のダート1600m戦。
ここなら、降級馬に比しても遜色ないヤネ替りでものソレイユドパリ






馬柱を見れば一目瞭然、戦績をあれこれ言わずとも、ここでは力上位疑い無し。
路線をダート戦線に舵切ったなら、ここは試金石ではなく通過点にしたい。
上積み見込める三歳馬の4戦目、斤量面での後押しもあり、ここは不動軸。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは140位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:03| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

今週の狙い


夏競馬の始まりです。
ローカル競馬は、思わぬ美味しい配当に与れること多し。






では、土曜日の狙いから・・
先ず、阪神の1000万下、芝の1600m戦は小豆島特別
小頭数乍ら、面子が骨っぽく組み合わせによっては美味しいかも。
狙うは、当該コース三勝のアノ馬、この条件下なら崩れない。






東京の最終レース、下級条件のダート1600m戦は堅軸馬鎮座。
新馬戦のヤネにムーアを起用したぐらいの厩舎期待馬、降級馬がいるが勝ち負け。
前走の圧勝を思えば、降級馬と比しても力量互角、中二週で臨戦は自信の表れ。






日曜の二重賞、ユニコーンステークス函館スプリントステークス
堅軸馬鎮座の前者か、やはり堅軸馬鎮座の、いの一番研鑽の後者か勝負鞍は迷いどころ。






東京の1000万下、ダート1600m戦は青梅特別
ここに臨戦の降級馬は強力、とりわけ近走惜敗続くアノ馬が最上位。
脚質的に万全の信頼とまでは行かずとも、連軸なら外すまいと研鑽。






函館の最終レース、1000万下ハンデ戦の芝1800m北斗特別。
ここは、二階級降級のクロコスミアがいる分、妙味狙いでアノ馬に食指。
洋芝適性は言うまでもなく、この条件下では崩れない、前走ダートは度外視。
休み明けを二度叩かれ、乗り込んでのここ狙い、コノ馬が最大の妙味です。
人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 17:42| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

本日の推奨レース


大して見るべきところのなかったベルモントステークス
つくづくエピカリスの出走取り消しが悔やまれる。






当時は、まだ未成年ゆえ後年、ビデオで見たセクレタリアト
同馬の三冠を飾った、1973年のベルモントステークス。






件のビデオ映像は、何度見ても鳥肌立つ凄まじき走りのセクレタリアト。
それにしても、未だに同馬をセクレタリアートと呼ぶ日本の競馬マスコミ。
スペルを考えれば、セクレタリアートなんぞとは読めぬのに・・。






本日、マーメイドステークスエプソムカップともに勝負鞍と最終決定。
今日の勝負三鞍では、一番に美味しきオッズが並ぶマーメイドステークス。






本日の推奨レースは、東京の最終レース、下級条件のダート1600m戦。
ここなら、臨戦過程、条件下を研鑽すれば軸馬に推すべきはトレンドライン






新馬戦こそ、エピカリスに1秒以上離されるも、直後はすぐに未勝利脱出。
その後の二戦は、負けはしたものの着差は僅差で未だ底を見せていない。
特に前走、出遅れ、後方からの競馬、久々の反応を思えば上々の内容。
順調に使われることのなかった同馬、今回の臨戦過程は至極順調です。
前走から一ハロン距離延長となるが、過去走の走りを思えば問題ないと研鑽。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは130位前後にあると思います。


人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:35| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

マーメイドステークスの前日見解と本日の推奨レース


上位騎手の不振は美味しい。
ここ最近では、先週の川田に浜中。
オモテ勝負で、狙い撃ちすれば少点数で稼げる。






明日の勝負鞍は、エプソムカップでも、マーメイドステークスもそそる。
その訳はクインズミラーグロの人気、前売りオッズとは言え・・
クインズミラーグロの低評価は美味しいの一言に尽きる。






阪神コースでは、去年の暮れに準オープンではあるが2000m戦で一着。
当時の二着馬が、当該レースにて人気背負うマキシマムドパリ
その後、三戦続けて牝馬重賞において三戦続けての三着。
当然、今回も牝馬限定戦のG3戦、一時期の低迷から抜け出した今なら。






続き、先程挙げた当時の二着馬マキシマムドパリに斤量魅力のバンゴール
休み明け走るアースライズ、人気でも面子を思えばトーセンビクトリー
妙味一番手は、裸同然のリーサルウエポン、阪神コースは好相性です。






本日の推奨レースは、東京の最終レース、下級条件の芝1400m戦。
フルゲート戦で面子も難解、馬柱だけ見ればショウナンアンセムが魅力。






唯、ここは力量上位、叩き二走目のナンヨーアミーコを軸に据えて馬券を組む。
ショウナンアンセム同様に降級馬、同馬との違いは上のクラスでの好走経験。
昇級後の二走を続けて二着、休み明けを叩いた前走はここに向けての布石か。
よもや連逸はないと思うが最低限、プラス体重で出てくる事を願う。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは150位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:08| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
from,21 Jan 2009