2020年09月26日

神戸新聞杯の前日見解と本日の推奨レース


明日の二重賞、レースは魅力なれど馬券は別もの。
不動軸鎮座の神戸新聞杯か、少頭数で軸不在のオールカマーか。






では、明日の神戸新聞杯の前日見解をお伝えします。
冒頭に書いたように不動軸鎮座、無論ダービー馬のコントレイルのこと。
例え、目標は先であろうと、仕上げ途上であろうとダービー馬。






相手探しのレース故、参戦するなら不動軸の二着付けか相手妙味のどちらか。
ただ、二着付けの確信は出来難く相手関係も難解で絞り難いのも厄介。
先ず、取り挙げるはエンデュミオン、続きビターエンダーマイラプソディ






妙味は内からレクセランスマンオブスピリットアイアンバローズ
何れにせよ、軸アタマでは妙味無く難解、参戦は軸の二着付けが確信出来たとき。






本日の推奨レースは、中京の最終レース、2勝クラスのダート1800m戦。
ここなら面子の力関係と人的ファクターを重視すれば自ずと軸はセランに行きつく。






セランの前走、離された三着とは言え一、二着馬の走破時計が秀逸で同馬としては上々。
ダート適正も高く、不良馬場のカトレア賞交流戦以外は複勝圏内を外していない。
ましてや、ここは三歳牝馬で52Kの恩恵、ヤネも主戦戻りの西の名手。
前有利の中京、叩き二走目、相手関係諸々研鑽すれば軸としてなら信頼。






いつものように相手関係、買い目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは140位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 13:28| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
from,21 Jan 2009