2019年11月24日

有難う、スワーヴリチャード


読み通り、乾きつつある馬場レベルでのジャパンカップ
当ブログ、前日見解にて、いの一番に取り上げたスワーヴリチャード






最内突いて突っ込んで来た時は、鳥肌もんでした。
二着に粘るは、これも昨日、二番手に挙げた・・
危険と背中合わせと書いたカレンブーケドル






観戦料程度の参戦とは言え、本線一点目でオモテ馬券のみで48倍はデカイ。
タラレバの欲を掻けば、つくづく勝負参戦すればの女々しい小生。
唯、誤算はオータムリーフステークスでの資金稼ぎが・・
ゴール手前で奪われたこと。






本日、勝負鞍の結末は三戦二勝、的中鞍はシャングリラ賞京阪杯
二鞍ともに大本線一点目の的中、ともにソコソコの配当だけに大満足の一日。






次週は開催替わり、冬の中京恒例のダートG1戦チャンピオンズカップ
当該レースは、人馬ともに注目の一戦、人馬ともに中央G1制覇成るや否や。






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 17:19| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
from,21 Jan 2009