2017年02月26日

観戦料程度ですが阪急杯は穴目的中です


前日見解通り、シュウジの重箱の隅を楊枝でつついて大正解。
先ずは、恒例のロサギガンティアの出遅れにてレーススタート。
4角過ぎ、シュウジの手応えを見て観戦料程度でも大興奮。






直線、抜け出した二頭は、昨日の前日見解にて挙げた二頭。
後続との差を思えば的中は確信、馬単もウラ、オモテ持ってる故に安心。
ここは、してやったりの三万越え馬券的中です。






唯、自信の勝負鞍、中山記念はミルコの5戦連続重賞制覇の勢いに勝てず。
ここは完全に、ミルコデムーロの展開の読み、流れに応じた走りにやられる。
惜しむらくは、買目増えても阪急杯を勝負鞍に選べきだったか。






本日の公開予想、小倉の最終レース、周防灘特別はスタート直後にハズレ確信。
小倉のフルゲートハンデ戦、スプリントで出遅れては外々廻らざるを得ず。
なんともはや、レーススタート直後に終わってしまうとは味気ない事このうえなし。






次週は、クラシック前哨戦のチューリップ賞に東は弥生賞
小倉は最終週を迎える、いの一番研鑽は最終週の小倉メイン、ハンデ戦の太宰府特別
因みに、今しがた終わった中山最終レース、メルマガ公言通り的中。






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 17:11| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日の推奨レース


メルマガにて配信、本日の堅軸馬推奨のタニノアーバンシー
一頭だけで走ってるかの様な、力量差ありありの競馬。






最後の直線では、鞍上がオーロラビジョンを確認する余裕残し。
更に絞れる次走、昇級初戦でも1000万クラスなら通過点。






本日、スケベ心疼く阪急杯は欲をかいての観戦料程度の参戦。
当然、シュウジの二着付けが本線、シュウジ要らずが穴目。
はてさて、この参戦は吉と出るや否や・・。






翻って、中山記念はアノ馬の不動軸を確信しての勝負参戦の「断」。
ウラ要らずの結論が、間違っていないことを示してくれるや。






本日の推奨レースは、小倉の最終レース、ハンデ戦の周防灘特別
ここは、力量上位馬が全て外目に入ってのフルゲートのハンデ戦でスプリント戦。






お薦めの軸馬は、上積み大きいと研鑽しての昇級初戦になるプレイヤード
同型が多く楽ではないが、各馬に抱えるマイナス要因を思えばチャラ。
特に、前走勝ちが強く、ハンデキャッパーの付けた斤量も見込まれたが納得。
抜け出す時の脚が速く、小回り小倉で要求される機動力も併せ持つ。
滞在競馬も合うらしく、今週の動きも更なる良化歴然にて上積み大。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは140位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:33| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

阪急杯の前日見解と本日の推奨レース


小倉初お目見えの藤田菜々子ジョッキー。
ファンは大喜びだろうが如何せん、乗り馬には恵まれず。
それでも、8Rにて今年に入り初勝利を挙げるは大したもの。






では、明日の阪急杯の前日見解をお伝えします。
少々、驚きはシュウジの圧倒的な人気、これも偏に面子が手薄故か。






登録段階では、「見」かなと考えていた小生、俄然スケベ心疼く。
ならばと、シュウジの重箱の隅を楊枝でつついてみたくなる。






前走、G2戦の阪神カップでの切れを思えば、G3戦の今回なら断然人気も頷ける。
とは言え前走は馬場レベルも同馬向き、展開も恵まれての上位三頭はタイム差無し。
確かに今回の面子は手薄、それでも前回のように流れが向くか切れるかは疑問。
ここは内めの三頭トーキングドラムブラヴィッシモヒルノデイバローに惹かれる。
何れにせよ、今日の流れと明日の馬場レベルを最終研鑽のうえ参戦か否か。






本日の推奨レースは、小倉の最終レース、下級条件の芝1200m戦合馬特別
馬場レベルとフルゲート戦を思えば、少々難解だが軸はライトフェアリー






既に、この条件は勝っており、上のクラスでも限定戦だが好走している。
ここに入れば力量は上位、スピードがあり平坦向き、叩き二走目と条件は揃った。
中一週が気にはなるが、滞在競馬の小倉なら問題はなかろうと考える。
面子が面子故、ここは軸馬から手広く流されることをお薦めします。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは140位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:19| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

今週の狙い


慌ただしく、日本をあとにしたライアンムーア。
今回、鞍上プラスの騎乗は期待出来ず・・
特に、目を覆うは先週、勝ったアルバート
これなんぞは、鞍上プラスではなく馬ありきの勝ち鞍。






では、土曜日の狙いから・・
先ず、小倉のメイン、1000万下芝の2600m戦は皿倉山特別
ここは、惜敗続くアノ馬ではなく、妙味のアノ馬をお薦めです。
前走、名手を鞍上に惜敗も休み明けを思えば上々、ここ狙いか。






中山のメイン、オープンのダート1800m戦は総武ステークス
ここも、鞍上プラスでの東上のアノ馬ではなく関東馬を推奨。
東京をスルーして、ここ狙い明白の中山巧者のアノ馬、別定戦も有利。






日曜の二重賞、大一番を控えた中山記念に混戦面子の阪急杯
無論、勝負参戦意欲そそるは、いの一番研鑽の中山記念。






中山の1000万下、芝1800m戦富里特別は少頭数乍らそそる面子。
狙うは阪神との両睨みで、ここを選んできた鞍上プラスでのアノ馬。
この中間、使い詰めだったので牧場に戻しリフレッシュしたのも好感。






もう一度狙ってみたい馬がいる、阪神の準メイン、ダート戦の伊丹ステークス
この条件下らしく、骨っぽい面子が揃い、研鑽段階にてワクワク感募る。
前走、「今週の狙い」にて挙げた時も、軸としての役目は果たしてくれた同馬。
今回、得意の京都コースでは無いが、もう一度コノ馬を狙う。
人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 17:20| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

フェブラリーステークスは本線的中


前年とは、馬は違えどフェブラリーステークスはデムーロの連覇。
これで既に、年頭から21勝して重賞勝ち鞍は三勝と本年も・・
ケガさえなければ、100勝超えは確実。






そのフェブラリーステークスは、本線にて無事に的中
更なる、勝負参戦の自信深めたのはヒヤシンスステークスの研鑽。
会員配信は遅くなったが、本線的中にて安堵です。
惜しむらくは、単勝人気と連単オッズのバランスの悪さ。






前日見解において、馬名さえ挙げなかった名手跨るコパノリッキー
読み通り、早々に戦線離脱の14着、当然と言えば当然なる結果。






唯、参戦意欲そそり勝負鞍に選んだハンデ戦の小倉大賞典は完敗。
6枠の二頭より人気の、4番人気にて勝ったマルターズアポジー
参戦前、予想外の人気に嫌な予感はしたが、逃げ切って後続寄せつけずの完勝。
当然、小生はマルターズアポジーなんぞはノーマーク故ハズレ馬券。






次週は、好面子揃う中山記念に混戦の様相を呈する阪急杯
無論、明日一日は休養にあて、いの一番研鑽は中山記念。






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 18:14| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日の推奨レース


昨年、あれだけ騒がれた藤田菜々子。
まぁ、騒がれた割に乗り馬には恵まれず昨年の勝ち鞍は同期中最下位。






今年も相変わらず、話題に上り上手い具合に適当なる露出はあるが・・
戦績は芳しくなく、同期中にて未だ勝ち鞍無しは彼女だけ。
誰かさんの頭が固いのか、ショーの演出は苦手なのか、ワクワクする競馬が観たい。






本日は久々に、二重賞ともに勝負参戦の「断」を下す。
当初から、二鞍共に参戦意欲そそられただけに至極、当然の判断か。






本日の推奨レースは、東京の最終レース、ダート100m戦の大島特別
ここは、力量的には上位陣に劣るが、展開利を重視して軸はアイアムナチュラル






今週の動きも、ラスト二つを負荷をかけて仕上げており・・
アイアムナチュラルも、鞍上に呼応するように軽快なる走りを披露。
同型手薄のここは、前走の再現も可能と推察できる。
枠も外目で、ヤネも三走前に同条件下で手綱取った蛯名。
祭りの後の最終レース、大島特別はアイアムナチュラルを信頼。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは140位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 15:01| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

フェブラリーステークスの前日見解と本日の推奨レース


ムーアっていうのは、本当に有り難いヤネです。
過剰なる人気する故、要らずで美味しい馬券にありつける。






事実、先ほど終わった東京8Rなんぞは二番人気の・・
カフェブリッツが勝って、ソコソコの馬券になる。
ムーア買うなら、過剰人気の要らず馬券に限る。






では、明日のフェブラリーステークスの前日見解をお伝えします。
先ず、件のムーア跨る前年の勝ち馬モーニンは要るや要らずやが馬券のキモ。






兎に角、気になるのは往年の実力馬ベストウォーリアです。
既に、7歳を迎えますが、去年の当該レース以降3着一回に二着が連続4走。
如何せん、交流競走も含んでおり、素直に実績評価とは言い難し。
それでも、順調度と気配を考えれば、勝ちきるまでは兎も角、軸ならの思い。






急遽、ここに矛先を向けてきたサウンドトゥルー、臨戦過程と府中コースは疑問。
カフジテイクにしても、ヤネ替りと面子研鑽による流れを推測すれば押さえまでか。
ゴールドドリームについては、前走が不可解な大敗にてせいぜいがヒモ。






ならば、そろそろ怖いノンコノユメ、体調さえ戻ってれば力は推して知るべし。
穴目で妙味は外目引いた4頭、とりわけ8枠の二頭が妙味十分。






本日の推奨レースは、京都の最終レース、1000万下のダート1800m戦。
人気割れで混戦面子、それでも軸なら安定感抜群のマッシヴランナー






レース振りに幅の出た今なら、実力馬テイエムグンカンの存在がプラスに働く。
前走、二番手追走からコンマ一秒差まで追い詰めたのはここに繋がる走り。
ヤネも流れを読めるデムーロ、叩いて三走目のここは更なる上積み大きく勝ち負け必至。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは120位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:48| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

今週の狙い


今年、一発目のG1フェブラリーステークス
急遽、参戦を決めたサウンドトゥルーに往年の実力馬。
はたまた、ニューヒーローなるやのカフジテイク
今年のフェブラリーステークスは色々楽しめそう。






では、土曜日の狙いから・・
先ず、京都の1000万下芝1400m戦は宇治川特別
ここは紛う事なき堅軸馬鎮座、前走二着は勝ちに等しき内容。
今週の動きでは、更なる上昇気配を漂わせており勝ち負け必至。






小倉のメイン、1000万下ダート1700m戦和布刈特別
推奨するは前走、惜敗の4歳馬、昇級後は一度も掲示板を外しておらず・・
小回り向きの機動力があり、小倉コース替りは寧ろプラスに働く。






日曜、冒頭に挙げたフェブラリーステークスにハンデ戦の小倉大賞典
二重賞ともに参戦意欲そそるが、先ずは前日の流れを見極めてから。






東京の準メイン、ハンデ戦の芝2000mはアメジストステークス
ここは今年、飛躍に向けてのアノ4歳馬が断然の面子構成。
前走、負けたとは言え、ゴール前での不利があってのもの。
ここに向けての調整は入念、この面子、この距離、連逸はない。






小倉の準メイン、下級条件の芝2000m戦小倉城特別は少頭数。
テン乗り鞍上は気になるが、ここまで面子に恵まれればアノ馬の好走必至か。
前走、久々を叩いての上積み大きく、コース替りとは言え小倉は一戦一勝。
メインに向けての西下の鞍上、テン乗りさえ問題なければコノ馬が中心。
人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 17:31| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

本日の推奨レース


変則開催と順延開催は意味合いが異なる。
馬券的には、不確実な要素が多い順延開催。
故に、パドック見ずに馬券は買えない。






裏付けるが如く、朝から小倉は単勝万馬券の馬が二勝挙げている。
順延に依る馬の状態維持は比較的、影響が少ない小倉でも・・
馬券戦線には大きな影響が出る。






そんなこんなで小生、本日の勝負鞍は一鞍、メインの帆柱山特別
無論、「今週の狙い」にて挙げたアノ馬の最終研鑽をしたうえでの直前参戦。






本日の推奨レースは、小倉の最終レース、芝1800m戦の脊振山特別
下級条件のここなら、抜けた三頭の中でもとりわけキラージョーが抜けている。






新馬デビューは東京競馬場、やや重馬場をものともせず後続に影も踏まさず圧勝。
二戦目は重賞挑戦の東スポ杯、強力面子相手にコンマ三秒差の4着と好走。
その後、一年以上の休養に入り休み明けの前走、二着と敗れはしたが・・
三着以下の馬には大差を付けてのもの、ブランクを思えば上々の滑り出し。






叩いて二走目の今回、調教の動きを見れば、前走からの大幅良化は確実なる動き。
同期の馬達に遅れを取った素質馬、一年のブランクを経てここから始動か。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは110位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:05| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

本日の推奨レース


順延競馬は、楽しみが増えるが作業は忙しい。
今日の研鑽に加え、明日の小倉研鑽、おまけに本日は三場開催。






今日の二重賞、ともに面子は魅力でも・・
魅力ある面子と儲けは別物、故に二重賞ともに「」の断を下す。
その分、勝負鞍に選んだ東京8R、軸馬一着にて的中
レース魅力より儲け優先」肝に銘ず。






唯、馬券とは別に京都記念マカヒキの走りには注目している。
前走大敗が摩訶不思議故、あっさりかどこにもいないか。






本日の推奨レースは、東京の最終レース、1000万下の芝1600m戦。
ここは、昇級初戦の前走にてクラスの目途を立てたペガサスボスが軸。






二勝目の前々走、なんとこれが新馬戦以来の二年半ぶりの勝ち星。
その下級条件勝ちが中京の7ハロン戦、新馬勝ちが中京のマイル戦。
漸く、ここに来て長いトンネルを抜けて覚醒なら、今回も勝ち負け必至。
裏付けるが如く、今週の動きも更なる気配上昇の惚れ惚れする動き。
前走からの距離一ハロン短縮も好材料、面子から読める流れも味方。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは130位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:29| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

共同通信杯の前日見解と本日の推奨レース


共同通信杯と言えば、思い出すのは1987年の勝ち馬。
前走の京成杯を休み明け、46K増で連対を果たし・・
続く、共同通信杯を勝ち上がったマイネルダビテ






では、明日の共同通信杯の前日見解をお伝えします。
先ず、人気でも一番気になるは東スポ杯二着のスワーヴリチャード






続き、同レースにてスワーヴリチャードにハナ差及ばずのムーヴザワールド
良血のエアウインザーより、ルメール鞍上のタイセイスターリーに食指。
チャロネグロについては、不安要素が多く、要らずが妥当かと考える。






妙味は、ジャングルポケット産駒のアサギリジョーくらいか。
何れにせよ、京都記念同様、勝負参戦意欲の湧かない面子です。






本日の推奨レースは、京都の最終レース、1000万下のダート1900m戦。
ここは、人気背負わないが厩舎思惑感じる西下のトウカイエントリーが軸。






この面子では力量上位は明白、現在6番人気と同馬には珍しく人気が薄い。
京都コースは初めてになるが、中山での走りを見る限り問題はなさそう。
ズブくて、切れない故に前走より距離が少しでも延びるのは好材料。
少頭数、相手関係を研鑽すれば、トウカイエントリーの軸は揺るぎない。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは130位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:23| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

今週の狙い


今週からの小倉開催、日曜三歳未勝利戦のアノ距離短縮馬。
開催替わりの「お宝馬」となるや否や。






では、土曜日の狙いから・・
先ず、東京の牝馬限定戦、1000万下芝1800mはテレビ山梨杯
休み明けの二頭、良血馬と力量上位馬が抜けているかに見えるが・・
この二頭では決まるまいと研鑽。
ここは、府中実績はないが、今週の動きが圧巻だったアノ冠馬。






開幕週小倉のメイン、1000万下芝の1200m戦は帆柱山特別
6ハロン戦で、小細工なしに逃げる先行馬がいて、ペースは緩くならない。
ならば、小回り向きの機動力と馬場不問のアノ5歳馬が狙いの中心。






日曜の二重賞、三歳戦の共同通信杯に伝統の京都記念
2〜3点で勝負出来るかと思ってた後者、馬場レベル次第では「」。






東京の準メイン、オープンのダート1400m戦はバレンタインステークス
ここは堅軸馬が鎮座、昇級初戦の重賞は流石に荷が重かったか、それでも・・
その後のオープン三戦は安定して好走、今回ベスト距離ではないが面子を思えば堅軸。






小倉のメイン、ハンデ戦のダート1700m門司ステークスは妙味馬推奨。
準オープンクラスにしては弱面子、小回り同距離狙いの馬が参戦して混戦に拍車。
お薦めは今回、ヤネ替りでの厩舎思惑を考えれば、ここが勝負気配のアノ馬。
当該コース、当該距離で二勝、前走にて1000万下完勝のコノ馬が妙味。
人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 16:15| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

本日の推奨レース


本日の二重賞、ともに不可解なる点が・・
先ず、きさらぎ賞タガノアシュラ、ヤネ戻りではなくヤネ替り。






東京新聞杯ブラックムーンブラックスピネルのヤネ替り。
更に、輸送控えたブラックスピネルのハード調教は吉なのか凶なのか






色々、話は入ってきているが何れも噂の域を出ない内容ばかり。
故に、東京新聞杯も「見」かと迷いつつも、ここは初志貫徹の勝負鞍。






本日の推奨レースは、京都の最終レース、1000万下の芝1200m戦。
ここは当初、弱面子狙いで西下の関東馬中心かと研鑽したが・・
予想外の早い雨の降りだし、更に小雨に変わり今は止んでの刻々変化。
従って、難解なる最終レースの芝スプリント戦だが、軸は関西馬でいく。






血の血脈と、重馬場実績を重視、軸はスエプトオーヴァーボード産駒。
減量ヤネ跨る、連闘をかけてきたスノーエンジェルでいこうと思います。
新馬戦を重の小倉で勝ちあがったように、馬場レベル、平坦向きの同馬。
更に、下級条件勝ちが阪神と言うように、時計の速い決着なら不向きの馬。
今回、おあつらえ向きに馬場が渋り、軸馬には追い風、妙味でもあり狙う。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは140位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:30| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

きさらぎ賞の前日見解と本日の推奨レース


施行時期に依る、少頭数競馬のきさらぎ賞
今年も例に漏れず、僅か8頭立ての当該レース。






ましてや、今年のきさらぎ賞はビッグネーム鎮座。
当然乍ら、コノ馬の主役は疑うべくもない面子。






では、明日のきさらぎ賞の前日見解をお伝えします。
相手探しのレースにしては、あまりに目を覆う面子です。






故に、参戦するなら何点も買うのは、的中あって儲け無し。
ここは、相手三頭に絞る、タガノアシュラプラチナヴォイスダンビュライト
この三頭から、本線二点、押さえ一点程度の馬券なら僅かでも儲けは出る。
きさらぎ賞は、クラシック戦線に向けて、サトノアーサーを研鑽するレース。
従って小生は、明日のきさらぎ賞は迷うことなく「」の断。






本日の推奨レースは、京都の最終レース、1000万下のダート1400m戦。
そこそこのオッズが並ぶように、ドングリコロコロの大混戦面子です。






そこで狙うは、休み明けでも、ここまでのケイコ内容が圧巻のレッドウィズダム
京都コースを得意にしており、特に下級条件を当該コースで勝った時が鮮やか。
この時のヤネも今回と同じ岩田、厩舎思惑も絡み勝負駆けは読み取れる。
面子を吟味しての休み明け初戦、最低でも連は確保してくれると見る。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは140位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:38| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

今週の狙い


昨年、アクシデント重なり、散々だった栗東所属のアノ騎手。
年頭からも、乗鞍に恵まれず未だ一勝の身。






こういうケース、意外なるここ一番がある。
常に注意を払い、ここいち番を嗅ぎ分ければ儲けに繋がる。






では、土曜日の狙いから・・
先ず、東京の準メイン、1000万下芝2400mはハンデ戦の箱根特別
ここは、中山をスルーしてここに照準を合わせてきたアノ牝馬が堅軸。
東京コースは得意にしており、前走負けはコース適性を思えば度外視。






日曜の二重賞、ともにビッグネーム鎮座の東京新聞杯きさらぎ賞
当然乍ら、勝負参戦はいの一番研鑽の不動軸鎮座まします東京新聞杯。






東京の準メイン、下級条件の三歳牝馬限定戦、芝1400mは春菜賞
ドングリコロコロ面子だが、府中の7ハロン戦なら前走惜敗のアノ馬。
赤松賞は負けて強しの競馬、同型が多く楽ではないがアノ馬に一日の長。






京都の準オープン、ダートの1800m戦は北山ステークス
この条件下のダート戦にしては、強力馬もいなくドングリコロコロ混戦面子。
そこでお薦めは、京都コースなら信頼度が増す地味ヤネ主戦のアノ馬。
デビュー以来、主戦を替えず、ヤネも土、日を通じてこの一鞍のみ。
ここまで戦って来た相手関係を思えば今回、間違いなく勝ち負けするはコノ馬。
人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 16:20| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
from,21 Jan 2009