2016年10月30日

本日の推奨レース


日曜競馬が終われば、一日休んで明後日はメルボルンカップ
一日空けて、今年は川崎競馬場での開催、JBC三本立て。






更に一日空けて、土、日の中央競馬と次週は忙しい週になりそうです。
無論、無類の競馬好きにてメルボルンカップ、JBCともに参戦。






朝一の万券的中に後押しされての観戦料程度の参戦は天皇賞
ルージュバックアンビシャスか最終研鑽の末、軸に選んだはアンビシャス。
軸馬から本線5点、穴目一点の6点にて参戦です。






本日の推奨レースは、京都の最終レース、1000万下のダート1400m戦。
参戦面子も然りながら、過剰なるヤネ人気もなく、妙味満載のオッズが並ぶ。






ここなら軸は、距離適性、コース適性の高い減量ヤネを乗せてきたカフジオリオン
昇級初戦の前走、少し間隔が空いた分、馬体も緩く出来もひと息で展開も厳しかった。
それでも、初コースに加え距離も短い6ハロン戦を思えば走っている。






叩いて型どおり良化の今回、ケイコの動きも前走に比すれば雲泥の差なら食指動く。
得意の京都コースで7ハロン戦、先手を取ればしぶとく粘走、3K減も大きい。
独特の雰囲気あるG1終わりのウラ、京都の最終レースはカフジオリオン。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは150位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:30| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

天皇賞の前日見解と本日の推奨レース


ここ二戦、逃げ切りを緩し連続二着に甘んじたモーリス
今回、満を持しての鞍上は世界の名手ライアンムーア






その天皇賞、小生は「」か観戦料程度の参戦かで迷いどころ。
各馬の臨戦過程、調教の動きから勝負参戦は先ずあり得ない。






それでも、いの一番に気になるは毎日王冠惜敗のアンビシャス
余裕残しの前走、ルージュバックとはタイム差無しの二着。
今回は上積み大きく、同馬にとっては次走ではなくここ目イチのはず。






続き、満を持してヤネにライアンムーアを配したモーリス。
前年の覇者、ラブリーデイは要らず、同枠の同二着ステファノスも食指動かず。
ムーアでドバイターフを勝ったリアルスティールもピンとこず。
ルージュバックの取捨については、本日の流れを見極めたうえでのこと。






本日の推奨レースは、東京の最終レース、下級条件のダート1300m戦。
特殊なる距離適性とコース適正を重視、軸に据えるはレザンドゥオール






今回、休み明けにはなるが寧ろ、使い込めない馬故、初戦こそ狙い目かと。
前走なんぞは、掛かり気味に走って垂れての惨敗、明らかに距離も長い。
ワンターンの東京で距離適性も高いなら、好走条件は整ったと考える。
ここでは、力量上位のリンガスヴィグラスも距離を思えば軸馬に有利に映る。
三走続けて手綱取る、東の名手に期待する最終レースのダート1300m戦。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは150位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:14| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

今週の狙い


大チャンスだと思いきや、惨敗なる先週の菊花賞
今週は、難解なる面子勢揃い、秋の天皇賞






面子も然りながら、ココへ向けての臨戦過程。
更に、今週からのコース替りが難解に拍車をかける。






では、土曜日の狙いから・・
先ず、東京の準メイン、準オープンのダート1400m戦神無月ステークス
昇級で面子も強力になるが、アノ馬の持てる素質に賭けてみたい。
前走、緩めの馬体乍ら計ったように勝ちきるあたり昇級でもの思い。
今回、叩いての上積み、緩めの馬体も締まり、ケイコの動きも申し分ない。






京都のメイン、秋のマイル王前哨戦、芝1400m戦スワンステークス
前走、安田記念惜敗組に目が行くが、アノ4歳馬の巻き返しに期待。
ここ二走、スプリント戦に使うもスペシャリストには叶わずの惜敗。
中途半端の7ハロン戦でこそ、再びの覚醒成ると研鑽。






秋の天皇賞、面子だけ見れば豪華でも、各馬それぞれ不安材料抱える。
加えて、ここ狙いと次狙い、更に今週からのコース替り、勝負は避けるべきか。






東京の1000万下、芝の2000m戦精進湖特別は堅軸馬鎮座。
ここは、ヤネ戻りとコース替り、距離短縮でアノ三歳馬が軸としてなら推奨。
広い府中での少頭数なら、紛れも生じ難く、出来も前走から更に上昇。






京都の準メイン、準オープンのハンデ戦ダート1800m御陵ステークス
ここは是非、狙ってみたい妙味馬が鎮座、ヤネ替りと面子を思えば人気妙味は必至。
能力を有し乍らも1000万クラスを勝ち上がるのに、時間がかかり・・
準オープンに昇級して以降も、連対が一度あるのみ。
今回、陣営は敢えてこの条件下に使ってくるならヤネ妙味も手伝い狙ってみたい。
日曜、京都の準メイン、御陵ステークスはコノ馬が妙味で食指ビンビンです。
人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 16:57| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

本日の推奨レース


朝から、三場競馬をじっくり観てるが・・
流れを思えば、参戦意欲そそるレースが三場共に多く悩む。






唯、こういうケースは勝負鞍選定ミスが多いのも事実。
故に、本日は当初の予定通り勝負鞍は菊花賞ブラジルカップ
もう一鞍は、新潟メインの北陸ステークス






あとは、「今週の狙い」にて馬名挙げた京都の桂川ステークス
ここは、キーナンバーから手広く観戦料程度の参戦です。






菊花賞については、昨日も書いたようにディーマジェスティが軸。
データ的には、全く不利な関東馬でディープ産駒、底力と血脈を信じる。






本日の推奨レースは、京都の最終レース、ダート1200m大山崎特別
ここは、これまでの安定度を重視、軸としてならキャプテンシップ






復帰初戦、14着と大敗するも続くNST賞では軽ハンデとは言え三着と好走。
当時の面子を思えば、相当に強力面子で卓越したスピードを見せた同馬。
京都コースは初めてでも、合って居こそすれ、マイナスにはならない。
更に、前走は負けたとはいえ、ハイペースを逃げてのものでコンマ二秒差なら上々。
唯一の不安は、間隔が少し空いたことだが、面子を思えば軸なら信頼。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは150位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:51| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

菊花賞の前日見解と本日の推奨レース


各馬のレース振りも然りながら、馬主サイドの思惑も探るに興味。
果たして、明日のクラシック最終関門、菊花賞の行方は如何に。






唯、そんな思惑、興味はあるにしても小生の軸は既に選定済み。
小生の研鑽通りに、思い描く展開になることを願うのみ。






10数年振りに、勝ち鞍の振るわない西の名手の同期は蛯名正義。
そう、軸は彼が手綱取る関東馬のディーマジェスティと「断」を下す。






菊花賞は血の血脈を重んじる小生、一番相応しきはディーマジェスティ。
特に前走、新境地を開く勝ち方は必ずや、ここ菊花賞に繋がると研鑽。
例えラビットがいようと、サトノダイヤモンドには負けないと信じる。
相手関係については、勝負鞍で会員配信故、ご容赦下さい。






本日の推奨レースは、京都の最終レース、1000万下のダート1800m戦。
ここは、上位三頭が抜けている、とりわけ臨戦過程が好感の持てるスリーアロー






上位三頭にあって、京都コース実績、スッと好位付け出来る器用さは優位に働く。
更に、使い詰め故に前走後は放牧に出し、リフレッシュしての臨戦過程も好感。
ここまで二着8回と勝ち味に遅いが、安定感は上位陣ではピカイチ。
上記の理由で、エポックよりはスリーアローを信頼しての軸馬推奨。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは150位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:29| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

今週の狙い


三歳クラシックの最終関門たる菊花賞
小生、久々にG1戦にての大勝負のチャンス。






前走VTRを、何度も研鑽のうえ自信の軸馬を選定。
京都の3000m、最後はスピードの持続力となるは必定。
ならば、小生選定の軸馬は揺るぎない。
相手関係も、あとは順位付けだけ。






では、土曜日の狙いから・・
先ず、京都の1000万下芝1200m戦は壬生特別
ここは、ここ狙いで仕上げてきた感のある休み明けのアノ牝馬。
コース不問の同馬だが、持ち前のスピードは京都コースなら更に信頼。






新潟の最終レース、下級条件の芝1600m戦寺泊特別は妙味馬を推奨。
未勝利勝ちが当地の当該距離、ヤネも前走に引き続き相性の良いヤネ。
今週の動きも躍動感のある素晴らしいもので、この条件下なら勝ち負け必至。






日曜、菊花賞は冒頭に書いたように、久々に腕ぶすG1戦。
当然、ここは自信の軸馬からドカンと大勝負です。






東京の二歳下級条件戦、芝1400mくるみ賞は意外と妙味かも。
前走にて7ハロン戦、新馬勝ちの二頭が人気を集めそうだが・・
一勝馬に未勝利馬もいる面子、この二頭であっさりとは決まらずの見解。
一角崩しの妙味馬は、東京替りが間違いなく有利なアノ牝馬。






菊花賞は言うに及ばず、直前の準メイン、桂川ステークスも参戦意欲そそる。
準オープンの芝1200m戦、ここは道頓堀ステークス組から狙いたい。
その前走、スタート悪く終始、後ろからの競馬を強いられ惨敗止む無し。
それでも、クラス目途を立てての二戦目、絶好の動きを見せられては食指動く。
菊花賞前の一稼ぎは、京都準メイン桂川ステークスのコノ妙味馬から。
人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 16:11| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

本日の推奨レース


折角の秋華賞当日なのに・・
あまりに、お粗末な京都の番組編成。






秋華賞を迎える、特別戦二鞍のワクワク感の全く無さ。
せめてもの救いは、三場開催のウラ、新潟の特別戦三鞍






本日、秋華賞はG1戦に敬意を表して観戦料程度の参戦。
本音を言えば、難解なる面子に加え、妙味馬多く、絞りかねる故。
ここは思い切って、メルマガにて挙げた妙味馬から手広く流そうかと。






一方、東京のメイン、アイルランドトロフィーはスケベ心そそるオッズ並ぶ。
唯、ここも面子を眺むれば、ドングリコロコロ面子で信頼に足りる馬不在。
本来なら、ハギノハイブリッドでも、この馬に名手のヤネは不釣り合い。






本日の推奨レースは、京都の最終レース、準オープンのダート戦藤森ステークス
唯一、秋華賞を除けば特別戦のなかでも少頭数乍ら強力面子が揃った。
オッズを見ても分かるように、要らずが一頭も確定出来ずの大混戦面子です。






ここが、阪神施行なら断然スマートアヴァロンだが京都なら信頼は若干落ちる。
正直、京都コースなら同馬は、この面子なら三番手位の評価か。
それでも敢えて、軸は名手にヤネ戻りのスマートアヴァロンを取る。
若干の不安は、逃げる馬がウイッシュハピネス一頭故、ペースが早くならない点。
唯、昨日来のヤネと馬主サイドの流れを読めば、ここは目イチ駆け必至。
当然、相手一番手は展開利が大きい戸崎跨るウイッシュハピネス。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは110位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:26| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

秋華賞の前日見解と本日の推奨レース


去年、5月に栗東に移籍した中谷雄太。
18年目に賭けた大勝負、どうやら正解だったようです。






本日も一勝を挙げ、ここまで既に18勝と自己勝利数更新。
なにより乗り馬にも恵まれ、騎乗鞍の増加も大きいんでしょう。






では、明日の秋華賞の前日見解をお伝えします。
先ず、取り上げねばならぬのはジュエラーの取捨。
前走の不可思議な大敗、色々と理由付けされてはいますが・・
それにしても、負け過ぎ感は否めず、今回は評価ザザ下げが妥当。
せいぜい、念のための押さえの押さえ程度のランク付け。






続き、断然人気背負う紫苑ステークス勝ち馬のビッシュ
勝ちきるかどうかは兎も角、軸としてなら信頼出来そうです。
ここまでの5戦全て再研鑽しましたが、力量は件のジュエラーと互角。






紫苑ステークス二着馬のヴィブロス、京都好相性でも要らずと考えてます。
それよりも、京都相性を言うなら名手跨るレッドアヴァンセに食指動きます。
妙味馬としては、カイザーバルクロコスミアに引き続き内田跨るデンコウアンジュ
兎に角、伏兵の多い面子故、軸を決めたら軸から手広く流すのが得策かと。






本日の推奨レースは、新潟の最終レース、下級条件の千直競馬は稲光特別
前走、中央場所での掲示板確保の馬はイオラニ唯一頭の低調なる面子。






だからと言う訳ではないが、この条件下でこの程度の面子ならイオラニの軸不動。
オッズも一頭、突き抜けているのも理解出来る、先ず連は外すまい。
ここを推奨するは、軸不動なのに相手関係次第でソコソコ妙味ある故。
千直競馬に矛先を変えて三戦目、ここ二戦を思えば正に水を得た魚の如く。
今回、ヤネも北村に戻り、ゲートも16番、出脚さえ決めれば勝ち負け。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは110位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:36| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

今週の狙い


研鑽重ねるも、勝負か否か迷う秋華賞
ここは、思い切って妙味の穴馬から流すのも手か。
何れにせよ、当日の馬場傾向を見極めてからの「」。






では、土曜日の狙いから・・
先ず、東京の下級条件二歳戦、ダート1600m戦プラタナス賞
ここは不動軸鎮座故、少頭数でも相手を絞りこんでの参戦ならあり。
無論、不動の軸馬は前走、圧巻の走りで二着馬を寄せ付けなかったアノ馬。






同じく、下級条件の二歳戦、京都芝2000m紫菊賞は妙味馬を推奨。
日曜の秋華賞と同じく芝の2000m戦、前走負けで人気落とすようなら・・
ヤネ替りも含め、アノ馬が妙味かと考えてます。






日曜、秋華賞は冒頭に書いたように勝負か否かは決めかねている。
ここまでの過程を思えば、波乱含みの秋華賞、参戦意欲そそるのは明らか。






東京の最終レース、1000万下ハンデ戦の芝1400mは神奈川新聞杯
ハンデ戦でもあり、抜けた馬不在ならアノ牝馬が妙味で食指動きます。
弱面子の新馬戦を勝てな勝ったのは不満だが、同馬も出来はひと息故、致し方なし。
今回の面子、条件下を研鑽すれば、同馬の勝ち負けは至極当然。






京都、秋華賞直前の準メイン、芝2200m戦鳴滝特別は少頭数の7頭立て。
それでも、ここを推奨するは人気の一角、アノ馬が要らずと判断してる故。
ならば6頭立て、推奨軸以外は5頭、相手関係を三頭まで絞れば儲けは十分出せる。
ここまで、掲示板を一度も外しておらず、三走前の当該距離は下手乗り。
今回、鞍上も三度目、少頭数で紛れもなく競馬もし易い、軸はコノ馬。
人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 16:39| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

ガッツリ妙味勝負のグリーンチャンネルカップは大本線的中


京都大賞典なんぞは見向きもせず、ガッツリ勝負のグリーンチャンネルカップ
距離と中間の一頓座を研鑽すれば、人気のブルドッグボスなんぞは押さえの押さえ程度。






逆に、距離と順調度を研鑽すれば58Kでも軸はキングズガード
勝負鞍に選んだのは、相手関係の妙味と58Kならウラ旨し。






直線、馬なりで上がって来た軸馬の手応えを見れば、最悪でも軸確保の確信。
外から敢然と追い上げてきたのは56Kのカフジテイク
ブルドッグボスがいたお蔭で、この二頭の馬券が馬単4720円です。
ガッツリ勝負の本線一点目の大本線的中なら、美味し過ぎる馬券。






」を決め込んだ京都大賞典、読み通りキタサンブラックの相手探し。
儲けを出すなら、二点までと思えば、二着馬を買い目に入れたかどうかは疑問。
ここは、早々に決めた通り「見」で大正解でした。






次週は、三歳牝馬G1の秋華賞シンハライトの回避とジュエラーの前走大敗。
俄然、研鑽にも力入る秋華賞ですが、いの一番の研鑽はハンデ戦の神奈川新聞杯です。






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 17:33| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日の推奨レース


本日、三日間開催の最終日。
本日、無料メルマガの配信は休ませて頂きます。







昨日、毎日王冠については読み通りの流れで後方決着。
当然、妙味馬を本線に買ってましたので的中してチャラの結末。
ヒストリカルは、本線だったんですが、アノ着差では熱くもならず。






本日の重賞、京都大賞典は以前からの公言通り「」。
勝負参戦は、「今週の狙い」にて挙げたグリーンチャンネルカップ






最終日の下級条件戦、「お宝馬」鎮座は東京の平場芝の1600m戦。
ここは、ショウナンサスケが飛んでくれれば儲けもデカイ。
唯、戸崎のいない時、内田が怖いのは百も承知。






本日の推奨レースは、京都の最終レース、下級条件のダート1400m戦。
ここは、降級馬の二頭が力量上位、距離適性、コース相性、調教の動き等々、
甲乙付け難く迷いどころですが、消耗度合いを考慮して軸はアグネスエーデル






4歳馬ですが、ここまで未だ5戦、骨折のため今回は10ヶ月の放牧明け。
ケイコの動きを見る限り、坂路で速い時計を連発、先週は昨日1000万下クラス、
休み明け乍ら二着したワンミリオンスに二馬身先着の末脚を見せる。
上のクラスで活躍を期待される同馬、よもやこんなところで連逸はないと見る。







いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは110位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 12:40| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

京都大賞典の前日見解と本日の推奨レース


最終研鑽を待つまでもなく、明日の勝負鞍は東京のメイン。
西の京都大賞典は、レース興味すらなく「」の断。






では、明日の京都大賞典の前日見解をお伝えします。
冒頭、レース興味すらなくと書いたのは・・
上り馬不在に加えて、有力各馬の出来不満。
唯一、そそるはキタサンブラックでは人気を思えば参戦意欲薄い。
せめて、食指そそる妙味馬でもいればの思い。






丹頂ステークスの勝ち馬、ヤマカツライデンにしても上がり馬とは程遠い。
前走はハンデ戦で53K、逃げたとはいえ最初の5ハロン通過61秒7。
今回も逃げたいところだろうが、この面子でこの程度の時計では疑問符。
当該レース二着馬にしても、ここまで戦ってきた相手と成績を思えば魅力なし。






ならば、キタサンブラックの相手探しは、歴戦の有力馬からとなる。
それでも、儲けを捻り出すには相手は二頭まで、これは難解。
如何せん、キタサンブラック以外の有力各馬の出来を思えば食指そそるはダンゴ。
故に、もしも買われるなら、ここはキタサンブラックから二点まで。






本日の推奨レースは、京都の最終レース、1000万下のダート1400m戦。
輸送経験済みで、京都での勝ち鞍があるスミレに心を惹かれるも軸はワンミリオンス






兎に角、前走勝ちが圧巻で時計も速く、嵌った感を差し引いても強いの一言。
休み明けで、ケイコの動きも褒められたものではないが、今回の面子なら。
休み明けの参戦馬を除けば、前走にて掲示板を確保したのは僅か二頭の弱面。
そのうち一頭がスミレ、今回の条件下ならワンミリオンスが魅力。
鞍上も、毎日王冠不参戦の福永、ここは存在感を示したいところ。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは120位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:04| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

毎日王冠の前日見解と本日の推奨レース


戸崎圭太のデビュー時、同時期のデビューは福山競馬からの岡田祥嗣。
当時は、小生も戸崎より気になると書いた記憶している。






如何せん、乗り馬には当然の如く恵まれず、未だデビューから通算21勝。
唯、ここ最近は彼本来の騎乗が甦り、ちょくちょく穴をあける。






では、明日の毎日王冠の前日見解をお伝えします。
先ず、いの一番に取り上げねばならぬは、件の戸崎跨るルージュバック






漸く、前走にて勝利を上げ復活の狼煙、ここは正念場のG2戦。
いつものように牧場仕上げだが、画面上の馬体は絶品のシルエットを醸し出す。
ここは、試金石になるが、他の有力馬に比すれば一歩抜きん出ている。
観戦料程度の参戦故、相手関係は妙味馬を本線に攻めようと思う。






本日の推奨レースは、東京の最終レース、下級条件のダート1300m戦。
ここなら、前走に比してあらゆる条件が好走を示唆するトミケンキルカスが軸。






左回りの方がパフォーマンスが上がる馬、距離も伸びて1300m戦はベスト。
雨が上がり、馬場レベルが回復傾向にあるのも同馬には有難い。
少なくとも、展開に注文がつく人気のコンドルヒデオより信頼出来る。
ここは先週、600勝を挙げた鞍上にも二走目での渾身騎乗を期待。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは110位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:26| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

今週の狙い


三日間開催、開催替りなのに、ワクワク感がないのは・・
ここ数日の体調のせいか、三日間の番組編成のせいか。






では、土曜日の狙いから・・
先ず、一発目は不動軸鎮座の東京準メイン、ハンデ戦の本栖湖特別
少頭数で妙味はないが、不動軸から三点なら儲けは捻り出せる。
無論、不動の軸馬は、中山をスルーして開幕の府中を待った・・
当該コース、当距離にて未勝利戦を勝ったアノ馬です。






日曜の重賞、毎日王冠も少頭数で妙味ないが、ヒモ穴妙味です。
休み明けの有力馬には、明らかに仕上がり途上、叩き台の馬、これらは要らず。
然りとて、夏を使った馬にもピリッとした馬が見当たらず。
勝負するなら前走、復活勝利を挙げたアノ馬から。






関西のメインはオープンのハンデ戦、芝1200mオパールステークス
ここも少頭数、抜けた馬不在で、この頭数でもかなりの混戦面子か。
空模様が気になるが、開幕週の京都なら、54Kは恵まれたアノ馬。






月曜メイン、大物始動の京都大賞典に、東京はグリーンチャンネルカップ
無論、勝負参戦はガッツリ、妙味満点の後者グリーンチャンネルカップ。






グリーンチャンネルカップの資金稼ぎ、準メインのオクトーバーステークス
ここも、面子を思えば少頭数でも、ソコソコ妙味の配当に与れそうです。
開幕週、距離、臨戦過程、ハンデ戦を丁寧に研鑽すれば、浮上するはアノ馬か。
最近、乗り馬に恵まれず、ここは手が合うコノ馬で鬱憤を晴らしたいところ。
人気ブログランキングへ





本日は以上ですが・・
この三日間開催、平場の下級条件戦に勝負掛かりの馬が多く参戦。
このお宝馬を上手く拾えば、破顔一笑の三日間となる。
posted by たけ蔵 at 17:52| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

スプリンターズステークス的中も胸中は複雑


やはり、危険な断然人気のビッグアーサー
最後は、包まれて追うに追えず脚を余しての二桁着順。






テキの逃げないコメント、これは枠を思えば信頼ザザ下げ。
故に、小生は当ブログにて、抗った馬券を買うと宣言。
唯、確信までは持てぬので、勝負参戦ではなく観戦料程度の参戦。






勝ったのは、前日見解にて一番手に挙げたデムーロ跨るレッドファルクス
鞍上の上手い騎乗もあり、混戦を突き抜けての右回り戴冠です。
ブログで宣言した様に、ビッグアーサー要らずの馬券は本線的中
唯、本日の勝負鞍の不振を振り返れば、胸中はかなり複雑。






公開予想の阪神の最終レース、スタート決めた軸馬は難なく一着。
予想通り、ハナを切ればしぶとく、最後は詰めよられるも、もう一伸び。
二着は本線二点目のカフジナイサー、これで4000円超えは美味しい。
二着馬に詰め寄った、エポックは本線一点目の相手故、会心の予想。






今しがた終わった、本日の勝負どころ、ダート1800戦の中山最終レース
ここも、読み通りカラクプア要らずで、内め引いたロンドンタウンが一着。
相手も、中山コース大得意の現級勝ちのあるセンチュリオン
この二頭の組み合わせで、馬単6000円超えなら御の字です。






反省すべきは、勝負鞍の惨敗、選定レースミスは否めなく・・
会員各位には、ご迷惑をお掛けしました。
次週以降、巻き返しに向けて明後日から研鑽始めます。
では、少し散策して気分転換のうえ、凱旋門賞の研鑽です。






本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 16:56| Comment(0) | 予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日の推奨レース


本線二点目、三点目のタテ目で決まった昨日の公開予想。
軸馬のスマートグレイス、二着はあると思ったんですが・・
最後の最後、二着馬にクビ差交されてしまいました。
阪神の最後の坂が、踏ん張りきれなかったようです。






唯、次走は京都開催です。
直線、平坦に替り、叩き三走目、ならば鉄板級の不動軸間違いなし。
必ず、スマートグレイスの京都替り、覚えておいて下さい。






本日、スプリンターズステークスは公言通りビッグアーサーの二着付け馬券。
観戦料程度の参戦故、穴目でビッグアーサー要らずの馬券も少々。






本日、夜の凱旋門賞、オッズを眺むれば皆さんの本音が垣間見える。
マカヒキの単勝オッズと馬連、馬単馬券の微妙なアンバランス。
無論、小生の馬券も日本発売のオッズ故、マカヒキは押さえの押さえ程度。






本日の推奨レースは、阪神の最終レース、1000万下のダート1800m戦。
ここは、中間の攻めに工夫の見られるコクスイセンを軸に据える。






ハナ切ってこその同馬、前走は度外視、二走前、三走前を研鑽すれば・・
負けて強しの競馬、特に三走前はキョウエイギアからコンマ三秒差。
この時、今回出走のクリノリトミシュルも同レースを走っている。
当時は、クリノリトミシュルにコンマ一秒、先着を許したが今回は逆転可能と見る。
要は、スタートさえポンと出て先手奪えば、そうそう崩れることはない。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは140位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:29| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

スプリンターズステークスの前日見解と本日の推奨レース


かつて、競馬に手を染めた頃のワクワク感
それと、似た感じの高揚感を覚えるは、明日の凱旋門賞






無論、マカヒキ以外は研鑽材料に乏しき馬券参戦。
故に、勝負参戦なんぞはしないが・・
多分、観戦料程度の馬券購入ではすまない気がする。
まぁ、数年ぶりに禁を破るのも致し方ないかと思ってます。






では、明日のスプリンターズステークスの前日見解をお伝えします。
先ず、圧倒的人気背負うビッグアーサーは前走と同じく最内ゲート。
あらゆる条件下を思えば、抜けた人気背負うは当然か。






それでも敢えて、小生は抗ってみたいと思ってます。
ここは観戦料程度の参戦故に、ビッグアーサーの二着付けにて参戦です。






アタマに据えるは、差し馬を中心に先ずは、レッドファルクスに・・
6枠の二頭、レッツゴードンキダンスディレクター
あとは、勝負鞍でない故に、妙味馬まで手広く手を広げようと考えてます。






本日の推奨レースは、阪神の最終レース、下級条件の芝1200m戦。
ここは、この条件下、面子なら、快速娘のスマートグレイスが軸。






気性の荒い、ナリタスターワンが人気背負う分、オッズも妙味。
阪神コースの芝6ハロン戦は既に、二戦目の昇級初戦にて勝ち上がり。
前走、前半3ハロンを32秒7のハイペースで逃げ、寸前まで粘っての二着。
これが休み明け初戦、叩いて二走目の上積み、思い切りの良いヤネ。
相手も妙味馬を中心に、ここは手広く流したいところ。






いつものように相手関係、買目は貼っておきます。
参考にされる方はクリックしてご覧ください。
ランキングは130位前後にあると思います。

人気ブログランキングへ





本日は以上です。
posted by たけ蔵 at 14:23| Comment(0) | 競馬日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
from,21 Jan 2009